新刊「神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ」(講談社)発売中!

3度目の渡航も失敗。もうパリは卒業したほうがいいのかもしれない

花の都・パリ。誰しもが夢に見る憧れのパリに、これまで3度渡航をした。でも、強い意思をもってパリを卒業しようと思っている。なぜなら狙ったかのように最悪のタイミングで3度、パリを旅をしているからだ。

はじまりは寒さに耐えかねたパリ

初めてわたしがパリに降り立ったのは2018年の2月のこと。ロンドンからユーロスターに乗って、パリ北駅に到着した。思いの外暖かったロンドンで数日過ごしたことが油断につながり、念の為持ってきたマフラーや手袋、ヒートテックといった防寒具はみんな置いてきていた。

「なにこれ……。寒い……。」

これがわたしのパリに抱いた最初の感想。そしてノートルダムやシテ島を観光して歩いたけれど、寒くてとてもじゃないけどカメラを構える気にもならない。そう、手をコートのポケットから出すのもツラい寒さなのだ。防寒具を買おうとオペラ座近くのUNIQLOにも立ち寄ったが、かのダイアナ妃も愛用したフランス製の防寒下着・ダマールの国だけあってヒートテックがほとんどない。

やたら売り場で広くエリアをとってあるボーダーのカットソー。「パリ=ボーダー」のイメージも強いけれど、フランスでそれっぽい格好をしたいなら、UNIQLOで揃えるのがいっとう早そう

ノートルダム寺院の近くにはアツアツのスープやホットワインを軒先で売る店もいっぱい。ここで暖を取ることもしばしば。でも凄まじい寒気ですぐに冷えてしまったのだが……

世界遺産にもなっているノートルダム寺院を見学しようとすれば、なぜか突然銃を持った警察官に立ち退くよう命令され。「もしやテロ?」と足がすくみながらも一歩ずつ命令に従って後退していたら、またたく間に一帯が封鎖されてしまった。今もあれはなんだったのかよくわからないのだけど、パリに精通している人に聞くと「よくあること」といわれてしまった。

 icon-chevron-right 旅行代で楽天ポイントが貯まる&使える♪[楽天トラベル]

こんな物々しい人がゾロゾロやってきたんです

あっという間にノートルダム寺院だけでなく、3ブロック先までキープアウトのテープが張り巡らされました

結局、1泊2日で行ったパリの旅。観光したかった場所もこんな有様で。加えて折からの寒さで心がポッキリ逝ってしまい、ほとんどの時間をホテルで過ごすことに。さらに運が悪く、ホテルの暖房器具(三菱電機製)は壊れていたけどフロントで人を呼んでも出てこない。室内にいても寒さが身にしみるパリでひとり、布団にくるまってまんじりとせずNetflixでダウンロードした映画を観て過ごすハメになった。

でも、これは決してわたしが異常に寒がりだという話ではない。なぜなら翌日のパリは大雪に見舞われ、エッフェル塔でスキーが楽しめるような大寒波となったのだ。その序章ともいえる極端に寒い日にパリに来てしまったわけである。

雪がちらつき始めたばかりのパリ市街。このあと雪は積もり、異例の大雪になっていく……。

リベンジに来た2度目のパリ。今度は「黄色いベスト運動」に重なる

なにしろわたしはベルばら検定を受験するほどのヲタクである。前回はベルサイユ宮殿も行けず、このまま「パリは楽しくなかった」記憶で終わらせるわけにはいかない。翌年、再びロンドンの滞在中にユーロスターでパリを訪れた。

ユーロスターが発着するロンドンのセントパンクラス駅。駅直結のホテルに泊まっていたので、スーツケースを持っての乗車移動もらくらく

関連記事「セントパンクラスルネッサンスホテル(St. Pancras Renaissance Hotel)」宿泊記

ベルサイユ宮殿へはベルトラで予約したバスツアーで参加したのだけど、バスがパリの中心部から一向に進まない。英語ツアーだったので添乗員に話しかけるのも諦め、バスに乗り続けてベルサイユに到着。ここで衝撃的なアナウンスが……。

「到着が遅れたので見学時間を削ります。」

「なぜ?」と詰め寄る人も多く、漏れ聞いたところでは往路の渋滞は復路でも予想されるとのこと。帰宅時間とも重なるため、運転手が早めに出たいのだそうだ。3時間ほどあったはずの散策時間は1時間半になり、プチ・トリアノンなど庭園見学は削ることに。

写真は鏡の間。もっと興奮するかと思ったものの、あまり感動がなかったベルサイユ宮殿でした

帰りの道も予想通り渋滞にはまり。予約していたレストランには大遅刻だったのだけど、車窓から見た景色は車線の一部を封鎖している黄色いチョッキのおじさんたちがいて。これが後に「黄色いベスト運動」としてパリ全域で騒乱になった政府への抗議活動だとわかるのだけど、その始まりの光景を目撃していたらしいのだ。

翌日もバスやタクシーで移動して観光しようと思ったら、動かないわ乗れないわで。予定の旅程、半分程度を消化したところでタイムリミットになってしまった。あーあ。

それでも来ちゃうパリ。3度目は「年金改革反対デモ」

諦めの悪さでは定評があるわたし。なにしろ凱旋門すら見ていないのは無念すぎる。

3度目のパリは、これまでのハプニングとは少々事情が違った。事前に「年金改革反対のデモが行われていて、地下鉄が動いていない」との情報が入っていたからだ。「そんな状況でどうやって観光すればいいのだろう」と不安になる反面「地下鉄がなければバスに乗ればいいじゃない」なんていう楽観視もしていた。加えて格安航空券でパリからミュンヘンに行く行程を組んでいて、キャンセルするとお金は返ってこない。パリ旅行をやめる選択肢はないと言ってよかった。

実際に行ってみると、パリ北駅からホテルまでのタクシーすら1時間待ち。何度も往復するのが疲れるらしく、同じ方向に行く人を自ら探して満席になるまで載せてから出発する相乗りスタイル。なんとなく、よくない流れだなあとはこの時点で思っていた。

最寄りのエトワール駅の構内。自動運転している2路線以外は運休状態。朝と夕の通勤時間帯だけ走っている路線もあるけど、満員すぎて埼京線育ちでも乗るのは不可能

この地下鉄運休はほんとに影響が大きくて。どこへ行くにもバスかタクシーか徒歩に頼るしかなく。バスは京都状態で、到着したとしても満杯で乗ることすらできない。となるとタクシーなんだけれど、市民が自家用車で移動するのでいつも以上に大渋滞。車を諦めた人が自転車で走行するのだけど、おかげで事故が3~4倍になったとかで至るところに警察官が立っていた。

途中、知り合いとランチの約束をしたのだけれど、お互いの中間地点に行くために徒歩45分かけて出かけねばならず。久しぶりの再会も積もり積もったパリの愚痴に終始してしまった。なんでも彼女はシャルル・ド・ゴール空港から市街地に出るのに3時間かかってしまったらしい。それは言いたくもなるのも頷ける。

翌日も状況は変わらずで、予約していたイブ・サンローランの美術館は時間内にたどり着けず。チケット代を無駄にしてしまい、疲れ切って今回も旅程の半分しか消化できない滞在になってしまった。

パリとわたし。縁がないのかもしれないとの考えに至る

3度目は覚悟をして旅行したものの、こう3度もトラブルが続くとこんなふうにも考えてしまうわけで。

あれほど憧れのパリだったのに、どんどんわたしのなかで苦しい思い出が蓄積してしまう。相性が悪いのか、はたまた前世の因縁なのか。いずれにしても、パリはしばらく遠ざかるのが懸命かもしれない。

関連記事

2泊3日のパリ旅行で買ったもの全部【2019】  #フランス #お土産
「ドメーヌ・ドゥ・ランティヤック」で絶品鴨料理をリーズナブルに楽しむ
パリで買ってよかったおすすめ美容オイルを3つ
海外旅行も国内の観光も。トラベルバッグを選ぶポイント7つ

 icon-chevron-right 旅行代で楽天ポイントが貯まる&使える♪[楽天トラベル]