著書「神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ」(講談社)発売中!

ときめくインキ「色彩雫(いろしずく)」の<孔雀>を買いました

PILOTから販売されている「色彩雫(いろしずく)」という美しい万年筆の色インキに一目惚れ。春夏秋冬と移ろいゆく日本の四季をモチーフして作られています。ほかにない繊細な色合いと、情感たっぷりの色の名前がたまらない文具です。気高い孔雀をイメージした孔雀色を買ってみたので、使い心地をまとめます。

万年筆のインクを替える手順

カリカリと紙にペン先が引っかかりながら文字を書く万年筆が大好きです。といっても、愛用していたのは手軽にインキをチェンジできるカートリッジ式の万年筆。漠然と「インキ瓶って文豪っぽくてステキだな」とは思っていたのですが、自分で吸わせるのは難しそうで…。

長引く巣ごもり生活で時間にも余裕ができたので、コンバーター式の万年筆を使ってみることに。思っていた以上に簡単でしたよ。

色彩雫のインクの美しさを堪能するために、万年筆の軸が透明な同社のKAKUNOを買いました。1000円以下で買えることにも驚きますが、驚くほど書きやすいんです。

それとインクを吸入するコンバーターを用意します。

空のコンバーターをペン先を装着したら、いよいよインクを吸わせる作業です。インクの瓶にトポンとペン先を浸して、コンバーターについているツマミを回してインクを吸い上げます。

ティッシュやキッチンペーパーなどで浸したペン先についたインクを拭き取ったら、軸を装着して準備は完了です。

\ 日本のドラマがたっぷり見つかる /

映画やドラマ、アニメなど最新作から名作まで、130,000本以上配信中!

「色彩雫」の孔雀、使ってみました

青いインクはカートリッジ式でもよくある色味。祖父が毎日、寝る前に青いインクの万年筆で日記を書いていました。「色彩雫」にも多彩な青のインクがありますが、ほかにない深い緑がかった青に惹かれて「孔雀」をチョイスしました。

インクボトルから見える青い色は、まるで濃紺のよう。ところが書いてみると、絶妙な青であることがわかります。

エメラルドの羽を思わせる、孔雀の気高い青の色がほんとうに美しくて…。「色彩雫」は書くことが楽しくて仕方がなくなるような、そんなインクです。

「色彩雫」のシリーズは、ほかにも魅力的な色インクがたっぷり。

参考 色彩雫(いろしずく)見本帖PILOT

今回買ったのは1,500円の瓶ですが、ミニボトルで初めてみるのもおすすめ。好きな色を3色選んで買うこともできますよ。利便性から取材ノートも会議のメモもすべてデジタル化してしまったものの、やっぱり手書きのよさは忘れがたいものです。

お礼状や季節のご挨拶、構想メモなど今一度、万年筆を使ってみたいと思わせてくれる、そんなインクでした。