著書「神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ」(講談社)発売中!

旅行用の衣類を入れて、まるごと洗濯できる。ランドリーラボ メッシュバッグ

楽しかった旅行や、慌ただしく帰ってきた出張。持って行った荷物を片付ける作業は、疲れているだけにどちらの場合も面倒で億劫なもの。そんな旅の後の憂鬱なお片付けを少しラクにしてくれる便利なトラベルグッズがサブヒロモリの「ランドリーラボ メッシュバッグ」です。

「ランドリーラボ メッシュバッグ」の特徴

サブヒロモリの「ランドリーラボ メッシュバッグ」衣類を入れたまま洗えるランドリーバッグです。普段の洗濯用品としても使うことができますが、旅行で着る衣類を入れて持ち歩くことも想定されています。商品のスペックは以下のとおり。

「ランドリーラボ メッシュバッグ」の仕様(公式サイトより)
サイズ L(ほかにMサイズがあります)
W47.0×D10.0×H39.0cm
ネイビー(色違いで白があります)
素材 ポリエステル 100%
メーカー サブヒロモリ

ポリエステルのメッシュ素材で、使い心地のよい柔らかな手触りがお気に入り。大きさはLを使っていますが、1泊2日のひとり旅や出張ならMでも十分。夫婦での1泊2日、2泊3日の旅行ならLがよいと思います。

なかには仕切りも付いているので下着とシャツ、タオルと衣類など分けて収納できます。

「ランドリーラボ メッシュバッグ」は、ただ衣類を詰めてスーツケースに入れるトラベルグッズではありません。持ち手が付いて、かばんのように持ち歩けるのが特徴的。たとえばビジネスホテルや旅館の館内にある大浴場に行く時には、タオルと替えの下着、洗面用具やペットボトル、お財布を詰めて持って歩けます。見た目がかわいいので、お風呂上がりにロビーのお土産物を覗いたりしても違和感がありません。

個人的にレトロな銭湯が好きで、旅行先のホテルの近くに銭湯があると「ランドリーラボ メッシュバッグ」に荷物を詰めて出かけることも。

\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える /

ホテル予約やパッケージツアー、レンタカー、バスツアーなどお得な価格で探そう

「ランドリーラボ メッシュバッグ」の容量

冬は厚手の衣類を着ますが、たとえばジーンズやトレーナーを入れても、Lサイズならまだまだ余裕たっぷり。シャツやパンツ、靴下、カーディガンもちゃんと入れられます。

4泊以上の旅行の場合は、さすがに「ランドリーラボ メッシュバッグ」だと容量オーバーしてしまいます。そんな衣類が多い旅行のときは衣類を圧縮して詰め込めるVIVALDの「圧縮バッグ」を使うのがおすすめです。

VIVALDの「圧縮バッグ」で旅行中のかさばる衣類を半分にスッキリさせよう

帰ってきたらバッグごと洗濯機へ入れちゃおう

トランクから出した「ランドリーラボ メッシュバッグ」は、そのまま中身を出さずに洗濯機の中に入れてまるごと洗うことができます。ネットの中に入れて洗うのと同じ原理ですね。

洗い終わったらファスナーを開けて、中身を取り出して干します。洗濯乾燥機に入れる際も中身は取り出してからのほうが、衣類が塊にならずおすすめです。タオルや下着など、丸まっても気にならないアイテムならそのままでもOKです。

これまでビニールバッグに入れていた旅の衣類ですが、物によってはプリントが経年劣化で剥がれ落ち、衣類に付着しダメにしてしまったことも。かといってなかなかコレといった衣類をまとめて収納できる袋と出会えずにいました。「ランドリーラボ メッシュバッグ」は、見た目もかわいく片付けの手間も省ける優秀さが◎。旅行のお供におすすめですよ。