京都「柚子屋旅館」のごはん処・一心居で味わう、おばんざいランチ「柚子雑炊膳」

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

八坂神社の南側にある柚子屋旅館。一度は泊まってみたい情緒たっぷりの料理旅館ですが、ランチは比較的お手頃価格で食べられるのをご存知ですか? 訪日外国人にも人気が高いためスムーズに入店するには予約必至ですが、繁華街の喧騒とは別世界の趣深い空間で味わう数々のおばんざいと雑炊は絶品です。今回は京都に来たら味わいたい、おばんざいランチをご紹介します。

目次

柚子屋旅館の予約方法

旅行客に人気の食事スポットだけあって、予約なしの場合は並んで待つ可能性大。効率的に観光するためにも、時間を決めて訪問するのがおすすめです。

柚子屋旅館のランチもディナーも、レストラン予約サイト「一休.com」から予約が可能です。観光のハイシーズンは枠が埋まるのも早いため、旅行予定が決まったら予約をしておくのがベター。かくいう私も2週間前に予約を取りましたが、希望の時間は埋まっており。選択肢を多くするなら3~4週間前がよいかもしれません。

「柚子屋旅館」のごはん処・一心居

京都観光の定番のひとつが八坂神社ではないでしょうか。その西楼門の脇にあるのが「柚子屋旅館」という料理旅館で、黒い格子戸が目印です。神社に行ったことがある人は「ああ、あそこ!」とピンと来る人も多いはず。

柚子屋旅館の食事処となるのが、この門扉に掲げられた看板にある「一心居」です。お昼のお献立は「柚子ぞうすい膳」と「柚子鯛鍋膳」が人気です。ほかにもハモなど季節ごとの食材を使ったコースもあります。

草木が両脇に茂る石段を上り、お店へと向かいます。

階段を下りることを考えると、サンダルなど滑りやすい靴は避けたほうが無難かも。

階段を上りきった先には、小さな狛犬がお出迎え。中に入るのがワクワクします。

柚子屋旅館の館内の様子

格子戸を開けると、石が敷かれた広間が。左手に受付があり、予約の確認を行います。右に写るのは待合で、予約なしで来た人はここで待つことに。訪れたのは5月でしたが、ドウダンツツジの見事な枝が活けられていて美しい設えでした。

土間には昔使われていたのであろう立派な竈が今も残されていました。

食事をするのは和室の広間でしたが、テーブルと椅子のスタイル。最近めっきり正座をする機会が減ったので、これはとても助かります。

食事を待つ間に館内を散策させて頂きました。

中庭へも出入りでき、新緑の美しい時期だけに青々とした苔や木々がとても美しかったです。

和室に戻る途中にあった暖簾。よく見ると“女湯”とあり、ここは宿泊者向けのお風呂場のようです。

入り口にあった受付カウンターには、人気の柚子石鹸をはじめポン酢などオリジナルグッズが陳列されていました。帰りに柚子石鹸をお土産用に買いました。

「柚子屋旅館」のおばんざい十六点膳と柚子柚子雑炊

飲み物のオーダーをした後に出てくるのが、お盆に朱塗りの器に載せられたおばんざい十六点盛。季節ごとに提供されるおばんざいは異なりますが、私が訪れた時期は初夏。よもぎ麩の白味噌掛けやうざく、トマトの白和えなど夏の食材を使用したメニューが並びました。

自家製の鴨ロース葱塩だれがとても美味しかったです!

昼間からハイボールをいただきましたが、青柚子が添えられていました。ほかにもお店に因み、ゆず酒も複数の種類があるほか山崎、地酒もラインナップ。

続いて天ぷらの盛り合わせ。万願寺とうがらしと稚鮎、丸十(さつまいも)の天ぷらです。熱々の揚げたてなのに下の敷紙にほとんど油がついておらず、衣はハリハリ。夫が天ぷら好きでよく家でも揚げるけれど、これは感動してしまいました。

お味噌汁は白味噌ベースの甘めのお味。揚げたナスがとろりとしてこれもおいしかったです。冷やして夏に味わいたいような。

すべてを平らげたタイミングで、厨房からアツアツの土鍋が届きました。湯気もしっかり写っていますが、ぐらぐらとすごい熱気です。

これが名物の柚子雑炊。色も味も濃い卵を半熟で仕上げた雑炊を、自分で柚子を絞っていただきます。酸味が強い柚子を使っているらしく、軽く絞る程度でよいとのこと。鯛のお出汁も柚子の香りのおかげでクセもなく、さっぱりといただけました。

香の物2種も。頼んだときには全体的な量が少ないように見えましたが、ちょっとずつのお膳でも食べてみるとお腹いっぱいに。最後の雑炊も2杯目は、正直お腹いっぱい。でも、香の物をつまみながら食べきりました。

最後は甘味とお茶も。きなこで包んだわらび餅で、これはつるんと食べてしまうから不思議。

食後の感想など

予約時間に合わせてお料理を準備してくれているので、入店してから1時間足らずで完食してお会計へ。テキパキと料理の説明をしてくださったり、追加の飲み物もさっと聞きにきてくださいました。店内のしつらえの見事さも然ることながら、ホスピタリティもよく、いつか夜にディナーや宿泊で再訪したいお店でした。

老舗飲食店の予約は営業時間中に電話をすることが多いのですが、仕事をしていると電話ができないことも多く。柚子屋旅館はネット経由で予約できるため、仕事終わりにも手続きできて便利でした。

京都のお気に入りのガイドブックです

関連記事
京都・村上開新堂のおいしくて止まらないクッキー詰め合わせ
「僧伽小野 京都浄教寺」で食べる情緒たっぷり極上の朝ごはん #三井ガーデンホテル浄教寺
畳のスタバで一服♪ 築100年の京町家で味わうコーヒー #京都
お寺の境内で味わう、京都・嵐山「西山艸堂」の湯豆腐定食
京都の町家風情を愉しむ「三井ガーデンホテル京都 新町別邸」宿泊記


\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

  • URLをコピーしました!
目次