明洞で朝ごはんに行きたい「神仙ソルロンタン」【ひとりソウル旅】

明洞で朝ごはんに行きたい「神仙ソルロンタン」【ひとりソウル旅】

朝はかるーく済ませたい時や、まだ昨日食べたモノで胃が重い時にもオススメなのがスープ。明洞にある「神仙ソルロンタン」を紹介します。

 

24時間営業の夜の〆にも有り難い「神仙ソルロンタン」

明洞駅からメインストリート“中央路”をまっすぐ歩き、レトロな外観が目を引く明洞芸術劇場のある十字路を右に曲がってすぐにあるのが「神仙ソルロンタン」。外壁にスープが入ったお鍋の看板が並んでいるのが目印です。

ありがたいことに、お店の営業は24時間。夜の飲み会の〆にも、午前便で帰る弾丸旅行の朝にもかなり重宝しています。韓国国内に40店舗展開するチェーン店なので、明洞以外の滞在ホテルの近くにあったらぜひぜひ。

 

じっくり煮込んだ牛骨スープが体に染み入る~

テーブルに埋め込まれたボックスの蓋をあけると白菜キムチが登場。セッティングされたトングで好きなだけ食べられる仕組みです。お隣のボックスにはカクテキが入っています。

注文してから5分程度でアッツアツのお鍋に入れられたソルロンタンが登場。お好みでごはんを入れて、クッパにして食べてもおいしいです。ネギがたっぷりのって、体が温まります。スープに臭みはまったくなくて、トロトロ。汗をかきながらハフハフどうぞ。いつもこれを飲むと代謝がものすごい高まります。

玉ねぎが入ったつけダレはやや酸味があります。中の牛肉をつけながら食べたり、スープに入れてもOK。ほかにもテーブルサイドにある塩やこしょうで、自分の好きな塩気に整えながら食べます。

辛いものが好きな人はキムチも投入してみたり。テイクアウトもできるそうなんですが、まだやったことはないなあ。ホテルでゆっくり食べるのもよさそうです。

 

このお店はここにあります

神仙ソルロンタン

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で