MENU

無印良品のメイクボックスが一眼レフカメラの収納にちょうどいい

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

無印良品のメイクボックスを一眼レフカメラを入れて持ち歩いたら、収まりがいいだけでなく旅行や出張にとても具合がよかったんです。どんなふうに使っているか、ライフハック的にまとめました。

目次

無印良品のナイロンメイクボックス、スペック

使ったのはナイロンメイクボックスのSサイズ、グレーです。ほかにもカラーバリエーションは黒があります。サイズは縦16cm、横19cm、深さ11.5cmと小ぶり。ナイロン製なのでとっても軽い!

チャックを開けた状態です。蓋にはメッシュのポケットがついています。

底には仕切り板としても使える底板がついています。

無印良品のナイロンメイクボックスをカメラケースに使う

現在持ち歩いている一眼レフはNIKONのD5500。エントリー機としても使える小ぶりのモデルです。

[itemlink post_id=”5760″]

これをナイロンメイクボックスに入れるとちょうどすっぽり収まりました。

メッシュのポケットにはSDカードケースとレンズクリーニングペーパーを入れています。特に望遠や接写などの用途がなくスナップ撮影だけをする時には、この最低限の装備で事足ります。

カメラかばんで旅行に出かけることも多かったのですが、カメラやレンズ保護の観点からやたら嵩張ったり、カメラ以外の収納がしにくかったんです。さりとて手持ちのかばんをカメラバッグになるようなインナーボックスも試しましたが、これが思いのほか使いにくくて。

[itemlink post_id=”5762″]

いろんなモノを買っては試し、買っては試しをしていましたが無印良品のメイクボックスで充分要件を満たしてくれるなあと。

手持ちのかばんに入れておいて、使うときも取っ手があるので出し入れしやすいです。

 

\ 紹介した無印良品 ナイロンメイクボックスS 商品詳細はコチラから /

 

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

記事を書いた人

大浦 春堂のアバター 大浦 春堂 旅作家|編集者

旅作家で編集者。旅を生業にしているのに重度の出不精。ビールとおいしい食べ物、博物館、歴史的建造物、ショッピングバッグ、ミュージアムグッズが大好物。GRⅢを片手に旅した記録を綴ります。撮りたて写真はInstagramからどうぞ。

📕著書:
『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)、『神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ』(講談社)、『東京いちどは訪れたいお寺の名建築』(エクスナレッジ)。

目次