北鎌倉で買いたい、じゅわわと滲み出る絶品いなりずし「光泉」

北鎌倉駅のロータリーにある「光泉」は知る人ぞ知る、いなりずしの名店です。食通・北大路魯山人をはじめ北鎌倉にゆかりのある名だたる著名人を魅了してきた「光泉」のいなりずしをご紹介しましょう。

注文してから詰める、お持ち帰りだけのいなりずし

JR「北鎌倉駅」を1番線側の改札口を出たロータリーにある「光泉」は、昭和 26 (1951)年に創業したいなりずしの専門店です。外観から一見すると敷居が高いイメージですが「営業中」の札がかかっていたら、ぜひ立ち寄って。鎌倉に来たら絶対買って帰りたい絶品のいなり寿司が食べられます。

観光のオンシーズンや土日は売り切れることもあるので、早めに行くか予約をしていくのがおすすめですよ。

「光泉」のいなり寿司はお持ち帰りのみ。注文を受けてから一本一本ていねいに詰めてくれます。

メニューは「いなり寿司と海苔巻き、かっぱ巻き」か「いなり寿司」の2種。どちらも680円と名店のお寿司とは思えないリーズナブルな価格なので、私はいつも2~3折買って帰りお土産に配ることも。

人気のいなり寿司の中身

こちらが買って帰った「光泉」のいなり寿司。レトロな包み紙もお気に入りです。

創業からずっとデザインが変わっていないそうです。

いわずとしれた、いなり寿司はお稲荷さんの大好物。割り箸にはキツネの絵も書いてありました。

こちらが「光泉」のいなり寿司。ながーい棒状のお寿司を真ん中でカットして詰められています。甘辛い濃いめの味付けをした油揚げは、創業時からの注ぎ足してきた秘伝のタレを使用。中身の酢飯には粗塩を使い、油揚げの甘みが際立つよう酢を控えめにしています。

一口噛むごとにジュワ~っと滲み出て病みつきになるおいしさですよ。

この商品はここで買えます

光泉

神奈川県鎌倉市山ノ内501

神奈川県鎌倉市山ノ内501