MENU

タイのお土産に「Oriental Princess」のバナナシャンプーをもらいました

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

夫がタイへ社員旅行に行ってきて、お土産にシャンプーを買ってきてくれました。「なんでタイのお土産がシャンプーなの」と、ビールじゃなかったことに多少ふてくされたワタクシ。でも、このシャンプーが、タイ土産の定番となりつつあるらしいのです。

今回はバナナシャンプーの使用感レビューを書いておきます。

目次

濃厚な香りのバナナシャンプー「オリエンタルプリンセス」

このバナナシャンプーを売り出しているのは、タイ発のブランド「オリエンタルプリンセス(Oriental Princess)」。タイではメジャーなブランドだと聞いていましたが、いざ探してみるとなかなか見つからなかったとか。夫はビッグCが入っているショッピングモールに行って買ったとか。

公式サイトもあります。

[sanko href=”http://www.orientalprincess.com/” title=”orientalprincess公式サイト” ]

バナナシャンプーは「Tropical Nutrients Banana Treatment Shampoo」が正式名称。Google先生の翻訳によると、乾燥による傷みや枝毛を改善して髪の毛を柔らかくしてくれる効果があるようです。

今回、夫はバナナ以外にベルガモットも買ってきてくれました。ほかにはカモミールやアップルもあるそう。

手にとってみると、思ったよりもトロトロ、トローンなテクスチャでした。蓋を開けたときからバナナの香りがものすごい (゚д゚)! ハワイで買えるバナナのボディクリームやリップクリームもそうですが、バナナ臭って結構キツイ。ニガテな人はニガテかも。

バナナシャンプーの気になる使用感は

タイの水は硬水なので、日本の軟水で泡立つのか心配しましたが、泡立ちがよくてびっくり。黒くなるまで放置した完熟バナナ好きとしては、バスルームがむせかえるほどのバナナシェイクの匂いで充満するのもまた楽しいです。

シャンプーの泡を洗い流すと、途端に髪がギッシギシになりました。これはリンスかトリートメントで仕上げないとキツイかも。手持ちのオイルを毛先につけて乾かしましたが、最近の日本のシャンプーは、洗いあがりがキシまなくなってきていたので、なんだか懐かしい感じ。

不思議なことにタオルドライをしている時には、あれほどのバナナ臭がどこへやら。なんとフローラル系に香りが変わっていました。

肝心の保湿力についてはシャンプーのみの使用だと実感がなく。バナナ好きさんが香りを楽しむシャンプー、と割り切って使うのがよさそうです。

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

記事を書いた人

大浦 春堂のアバター 大浦 春堂 旅作家|編集者

旅作家で編集者。旅を生業にしているのに重度の出不精。ビールとおいしい食べ物、博物館、歴史的建造物、ショッピングバッグ、ミュージアムグッズが大好物。GRⅢを片手に旅した記録を綴ります。撮りたて写真はInstagramからどうぞ。

📕著書:
『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)、『神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ』(講談社)、『東京いちどは訪れたいお寺の名建築』(エクスナレッジ)。

目次
TOP
目次
閉じる