MENU

歯磨きを機能的に。タオルが容器になる「MOYO(モヨウ)」の歯ブラシケース

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

歯ブラシを旅行に携帯する際、気になるのが使用後の湿り気です。「MOYO」の歯ブラシケースはタオルそのものが容器になっているユニークなプロダクト。使用後の濡れた歯ブラシも衛生的にくるっと巻いて収納できます。タオルなので洗顔や歯磨き後の口元を拭うのも、これひとつで完了。旅の荷物の軽減にもおすすめのアイテムですよ。

目次

旅行用の歯ブラシ、ちょっとした憂鬱

朝食後に歯を磨くのでチェックアウトの前に歯ブラシは乾ききらず、ケースに水気を残して収納せざるを得ません。帰宅後、生乾きの歯ブラシとべたっとしたケースを見ることにゲンナリしていました。

国内のホテルや旅館では当たり前のように用意されている歯ブラシ。ところが欧米など海外のホテルで歯ブラシがアメニティとして用意されているのはレアケースで、持参しないといけない荷物のひとつでした。

そこで海外旅行では使い捨てに、100円ショップの歯ブラシを持参。最終日に使ったら棄ててしまっていました。でもこの方法はまだ新しいものを棄てる罪悪感もあり、慌ただしい旅行前に100円ショップに買い出しへ行けないことも多く、結局は現地のスーパーで買ったり。旅行の歯ブラシ問題はなんとか改善したい事柄でした。

「MOYO」の歯ブラシケースのプロダクト

ちょっとした憂鬱の種だった歯ブラシケースですが、たまたま「MOYO」の歯ブラシケースをバナー広告で発見。さっそく取り寄せてみたところ、これまでの憂鬱がすっきり解決したので今では私の定番のアイテムになりました。

歯ブラシケースのスペックは次のとおり。

MOYO(モヨウ)歯ブラシケースの仕様(公式サイトより)
サイズH200 × W305mm
素材綿100%
生産地日本

私が使っているのはKARASHIという色ですが、ほかにもNEZUやWAKATAKE、AIなどのバリエーションがあります。敏感肌にも使える弱酸性のタオルで「ブリーズブロンズ」という急速分解消臭もついています。

これが歯ブラシケースを開いたところ。本当にシンプルにタオルです。今治タオルを使用しているので、しっかり今治の産地マークもタグがついています。

左側が折り返してあり、天地を縫い綴じてポケットにしています。歯ブラシや歯磨き粉はここに収納します。

あとは右側の紐がついている方向へタオルをくるくると巻いていくだけ。

端まで巻き終わったら紐でぐるっとまいて閉じます。

「MOYO」の歯ブラシケースを使ってみた感想

とにかくべちゃっとした使用後のプラスチックの歯ブラシケースから開放されたことがなにより。洗面道具を持って行くサンライズ出雲や飛行機の深夜便で、歯磨きに洗面台に立つ際もケースがタオル代わりに使えるからこれだけで足りるのがいいですね。手触りもよく吸水性も問題がありません。

往路で使用したら、滞在先のホテルで水洗いし干しておけばまた快適に帰路でも使用ができます。

MOYOの歯ブラシケースは機能的なだけでなく、歯ブラシの衛生的な管理にもおすすめです。見た目のおしゃれさも、持って歩く楽しさが味わえるはずですよ。

※商品には歯ブラシはついていないので、別途買って使用してくださいね。

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

記事を書いた人

大浦 春堂のアバター 大浦 春堂 旅作家|編集者

旅作家で編集者。旅を生業にしているのに重度の出不精。ビールとおいしい食べ物、博物館、歴史的建造物、ショッピングバッグ、ミュージアムグッズが大好物。GRⅢを片手に旅した記録を綴ります。撮りたて写真はInstagramからどうぞ。

📕著書:
『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)、『神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ』(講談社)、『東京いちどは訪れたいお寺の名建築』(エクスナレッジ)。

目次