MENU

お米と和食に恋しくなったら行きたいラーメン店「金田家」 #ロンドン旅行

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /

朝はイングリッシュブレックファーストやパン、夜はパイやフィッシュアンドチップスを堪能しても、一週間前後ロンドンで過ごしていると恋しくなるのが和食。特に白いごはんは猛烈に欲しくなってしまいます。ロンドンにはおいしいカレーのお店や中華料理店もあってお米は食べられるけれど、実は日本のラーメンという選択肢もあるんです。

目次

トッテナムコートロードにある豚骨ラーメン「金田家」

福岡県で展開する北九州発の「金田家(かなだや)」は、濃厚でクリーミーなスープが特徴の豚骨ラーメン。九州ラーメングランプリで1位を獲得したこともある実力派のラーメン店がなんと、ロンドンにも出店しているんです。世界中でラーメンブームなのは広く知られたところ。ロンドンには金田家のほかに一風堂もありました。

しかもお店は金田家の向かいという近隣。
この「金田家」、ロンドンでも行列ができる店として有名で時間帯によっては20~30分待ち。飲んだあとの一杯……かどうかはわかりませんが、夜の20時前後はご覧のように混んでいました。

ロンドンの「金田家」のメニュー

メニューはこちら。日本語メニューは当然ありませんが、そのままアルファベット表記してあるだけなので、読んでもわかる内容が嬉しい。麺の硬さも選ぶことができました。替え玉や半熟卵、辛味噌などのトッピングも可能です。

最初にビールとツマミで、みたいな日本式のラーメンスタイルもできるようチャーシューや枝豆、唐揚げの小皿もありました。ラーメン&ライスもできるよう、丼やおにぎりも充実していてお米が恋しい人にはホントうれしい!

心ゆくまで久しぶりの日本食を堪能

イギリスのビールも美味しいのだけど、だんだんと日本のハウスメーカービールも恋しくなってきていて。いつもはさほど好きではない一番搾りが染みました。

そして夢にまでみた醤油味と白いごはん。中華料理店にも行ったんですが、お米が黄色っぽくてパサパサで。もっちり甘い日本のお米がとにかく嬉しかったです。

とろとろ豚肉はビールともぴったりで、あっという間にぺろりと完食。

ピリッと辛いものが食べたくて、スタンダードなラーメンではなく辛い肉味噌がのったものをチョイス。日本で通常食べるような豚骨ラーメンがロンドンで食べられるなんて、ほんとすごい時代だなあ。

テーブルには高菜や紅生姜も置いてありました。特に説明書きがあるわけではないので、隣の人や後ろの人から「これは何に使うんだ?」的な質問をいっぱいされました。日本人だってすぐにわかるんですかね。

ラーメンとビール、チャーシュー丼で23ポンド。158円で換金していたので、3634円の計算です。日本で食べれば2000円しないであろうオーダーですが、それでも日本食が恋しくて仕方なかった私には、惜しくないお代でした。

[cta id=’7175′]

[template id=”6961″]

\\ 楽天ポイントが旅行代で貯まる&使える / /


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

記事を書いた人

大浦 春堂のアバター 大浦 春堂 旅作家|編集者

旅作家で編集者。旅を生業にしているのに重度の出不精。ビールとおいしい食べ物、博物館、歴史的建造物、ショッピングバッグ、ミュージアムグッズが大好物。GRⅢを片手に旅した記録を綴ります。撮りたて写真はInstagramからどうぞ。

📕著書:
『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)、『神社とお寺 おいしいお詣りスイーツ』(講談社)、『東京いちどは訪れたいお寺の名建築』(エクスナレッジ)。

目次