バケーションパッケージの料金はお得なのか考えてみた

バケーションパッケージの料金はお得なのか考えてみた

パークチケットのほか、さまざまな特典がセットになったディズニーのバケーションパッケージ。いたせりつくせりなプランだけに、宿泊予約と比べると割高にはなってしまいます。といっても、存分にディズニーを楽しみたいなら検討する価値アリのプラン。

そこで、どのくらい宿泊予約やチケット代をバラで手配したときと差額が出るのか、料金の比較をしてみました。

 

実際、ディズニーへ誕生日の記念に出かけるといくらかかるの?

誕生日に大人2人がディズニーリゾート内のホテルに1泊し、記念ディナーを食べるというシチュエーションで考えてみます。2015年1月19日の日付で2つのパターンの料金をシュミレーションしてみました。公平を期すため、朝食と夕食はバケーションパッケージと同じレストランを利用します。メニューも同じくアニバーサリー専用プランを食べる前提です。

バケーションパッケージの料金はお得なのか考えてみた

ざっくり約68,000円の差が出ることがわかりました。
ただ、ファストパスやグッズ、ガイドブックの引き換え、プレゼントボックス、リザーブされたショーの鑑賞券といったインセンティブ、スペシャルパスポートがこの差額分に含まれます。

どちらを採用するのかは、利用者の判断が分かれるところ。68,000円という差にバケーションパッケージの価値を見出すか否か、なのでしょうね。

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で