恥ずかしながらエヴァ新幹線に乗って大興奮してきました

恥ずかしながらエヴァ新幹線に乗って大興奮してきました



大好きなんですよね、エヴァンゲリオン。ずっと山陽新幹線の「500 TYPE EVA」、通称・エヴァ新幹線が運行してから乗りたくて仕方なかったものの、なにせ新大阪と博多間の運行(しかも「こだま」)と乗りにくい区間。画策しながらもなかなか実行できずに居ましたが、取材で大阪から岡山へ出張する機会があり。「よし、これで乗れる!」と鼻息荒くしてホームへ向かいました。  

 

エヴァファンで溢れかえる新大阪駅の乗車ホーム

いや、もう平日の運行でもこれだけ人いるのか!っていうほど、人がいっぱいでした。もちろん、特別料金がいるわけではないので「こだま」として乗車する人もいます。でもこのホームへ滑りこむように入ってくる車体をカメラに収めようとする人の多いこと!(自分もだ) ひっきりなしにアナウンスで「危ないです!」と注意されても、ひっつくようにして皆カメラを構えているのですよ。

そして、なんといってもエヴァ好きな人のお目当ては2号車。この車両は自由席なんですが、この車両だけ特別仕様とあって早めに並んで席を確保しようと意気込むわけです。当然、車両間は自由に行き来できるけれどせっかく乗るんだもの、特別仕様車に乗って世界観に浸りたいわけです・・・。(本来の目的は)取材出張につき、キャリーバッグを待機列に置いてまんじりとせず到着を待ちます。後ろには「フランスからこのためだけに来ました」とアスカコスをした気合が入った女性が並んでいました。

この話を夫にしたら「せっかくだから使徒のコスして乗ってたら、そういう人ともっと親睦深められたんじゃない?」と言われ「なんで使徒なんだよ、レイでいいじゃないか!」とマジ喧嘩が勃発。だってさ、使徒はないだろうよ・・・。

DSC_0473

ちなみに「こだま」なので、車内販売がありません。乗車の際は飲み物や食べ物を買って準備してください。テンションをさらにアゲるために、ビールなんかいいチョイスだと思います。

_DSC00223

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! なんて美しい車体なんでしょう。

_DSC0042

アテンダントのお姉さんの制服もかわいい。すぐさま撮影会がスタートしていました。始発駅なので、列車到着から発車までは少し時間があるのもありがたい。 ※許可を得て撮影させていただきましたが、念のためお顔はわからなくしました。  

 


いよいよ車内に乗り込みます

_DSC0046

これが2号車の座席シート。紫の座席に、ヘッドカバーも特別仕様です。

_DSC0052

これは窓のシェード。一部の座席にだけ碇司令のシルエットver.があります。

_DSC0049

ネルフマークがアチラコチラに。

_DSC10071

特徴的なのが、この通路の装飾。

_DSC01056

車両間の扉もこんな感じ。撮影してばっかでちっとも席に座ることなく、電車は新大阪駅を発車しました。

 

展示ブースになっている1号車を探検してみる

_DSC0090

先頭車両の1号車は展示ブースになっており、この衝立の先には実物大コックピットが。

_DSC00r98

これに乗るためには事前にサイトから抽選申し込みが必須。惜しくもハズれてしまいましたが、当選者が来ない時間帯ならこうして中に入って撮影してOKなんだそう。体験中はレンタルビデオ店のAVコーナーみたいな暖簾で外部から見られないようにシャットアウトされていました。はしゃいでいるところを撮影されたくないもんねえ。

_DSC0086

パネル展示では、新幹線の動力・電力の解説コーナーも。

_DSC0077

ジオラマ展示もあって、みんなカメラもって撮影に夢中で(*´Д`)ハァハァしてました。

 

わかる人にはわかる、楽しい仕掛けを見つける

すでに新大阪駅を発車してから神戸を過ぎても、まだ座席に座る余裕なし。なにしろ車内が楽しすぎて、いい年した大人が(*´Д`)ハァハァしながら撮影のためアッチコッチに移動しています。

_DSC00621

これは2号車と3号車の間。喫煙ルームなのですが、中にはいると・・・

DSC_0479

赤木リツコがいる!!! 奥は鏡になっているので、あたかも自分と一緒に赤木博士が一服しているようにみえます。なので写真を撮るのが、人が写り込んでしまうので結構難しい。。

DSC_0480

もう片方の喫煙ルームには加持リョウジが、この日もユルユルとお仕事をサボっている様子。

DSC_0476

もう頭が興奮しすぎてクラクラしてきたため、座席に戻るとします。激しい運動したわけでもないのに、なんだかグッタリ。  

 

新幹線を降りたあともやっぱり撮影タイム

R0003537

降りた後も、みなさん取り決めたかのように撮影タイム。私も名残を惜しみつつ最後尾の車両もカメラに収めました。もっと乗っていたかった~・・・ それにしても、一瞬で新大阪から岡山に着いたような気分です。恐るべし「500 TYPE EVA」。たっぷり世界観ごと新幹線の旅を堪能するなら、終着駅である博多まで行くべきかもしれません。

「エヴァ好きなんだけど、はしゃぎまくりそうで恥ずかしいんだよなあ」なんて気後れしている友達もいましたが、2号車に乗る人はみんな同じテンションです。なので、恥ずかしいことなんか一切ありません(笑)。「ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!」と撮影してると「あっちもう見ました?」と撮影すべきポイントを共有してもらったり。

コンテンツで知らない人同士でも交流できるって素晴らしいじゃないですか。    

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で