とびきり新鮮な魚で贅沢朝ごはん! 第一牧志公設市場にGO<沖縄旅行>

とびきり新鮮な魚で贅沢朝ごはん! 第一牧志公設市場にGO<沖縄旅行>

新鮮で美味しいものを食べるなら市場に行くのがいちばん! 那覇にある第一牧志公設市場は、国際通りにも近く滞在最終日の朝に朝食を食べに足を運んで、帰りに海産物や特産品を買って空港に向かうのにうってつけのスポットでした。  

市場といえどスロースターターな商店多し

_DSC0098

市場で買い物や食事というと、朝早くから行ってお目当ての店に向かわねば!と意気込みがち。かくいう自分も朝8時にホテルを出ててくてくと歩いて向かったのですが、意外にも開けているお店はかなり少なかった・・・。平日というのもあるかもしれないけれど・・・。

全体的に活気づくのは10時過ぎなのかな。 それでもチラホラと開店している店もあり、早く着きすぎても地元の人と会話を楽しみながら角煮やキクラゲ、海ぶどうなどを買い物することはできました。  

 

カラフルで見たことのない魚がいっぱい

_DSC00863 鮮魚コーナーも朝8時半だとこんな感じ。まだ人の気配がないお店がほとんど。 _DSC0117-(2)

それでも開店準備をしているお店もあれば、すでにオープンしているお店もあるのでブラブラ。生け簀には見たこともない大きなエビやカラフルなエビもいて、見ているだけでも楽しい。

_DSC0084

ギャアァァァァ━━(|||゚Д゚)━━━!!!!!! これはなんの魚でしょうね。。キレイに皮が剥がされて原型のまま並んでいました。

_DSC0087

この第一牧志公設市場は、買った鮮魚を手数料を払って調理してもらい2階の食堂で食べていけるサービスをしているんです。ホテルの朝ごはんもいいけど、那覇に来たら絶対これを試して欲しい!

_DSC01222

上の食堂で食べるのにぴったりな量の刺し身盛りもガラスケースに並んでいます。これをそのまま買ってもいいのですが、手前の鮮魚を1尾選んで捌いてもらい、刺身盛りに追加してもらうのもアリ。

_DSC00832

東京では見ないようなハデハデなお魚がいっぱい。何を食べたらいいのか判断に迷うときには、店員さんに相談するのが一番と思っているワタクシ。声をかけてきたお母さんに、沖縄ならではのお魚を味わうなら何がいいか聞いてみました。

「じゃアカジンミーバイはどうかね? 高級魚だよ! あと沖縄県の魚のグルクンも唐揚げにしたらおいしいよ~」

名前と魚形が一致することすらおぼつかないので、ここはすべてお母さんにお任せすることに。 「上で食べていくでしょ? 3品で500円の料金だからアカジンミーバイをこの刺身盛りに追加で1品、あとはグルクンを半身にして唐揚げと、レモンバターでソテーで3品になるよ。どうかね? あとはミーバイのアラで粗汁もつけてあげよか」

もう、すべてそれでお願いします!!  

 

買い物したお店のお母さんと一緒にいざ、食堂階へ

2階のオープンは9時からなのでしばし周辺を散策して、揚げたてアツアツのサータアンダギーをモグモグしたり、マンゴージュースを飲んだりしながら待つこと20分。

_DSC0097

9時になってやっとエスカレーター(写真左)が稼働しました。さきほど買い物した鮮魚店・与那嶺鮮魚で魚を捌いてもらっていたので、渡された番号札をもっていきます。「じゃ、行くよ~」とお店からビニール袋に入った切り身と刺し身盛りを手にお母さんが出てきて、一緒に食堂階へ移動します。

DSC0110

鮮魚店ごとに持っていく先の食堂が決まっているらしく、お母さんは一目散に「道頓堀」というお店の調理場へ駆け込むと足早に立ち去ってしまいました。 まだ開店間もないので人も少なく、静かですが日中は賑やかそう。

R0002854

これは隣のお店ですが、どこもアルコールも置いてあり郷土料理のメニュー札もみえます。居酒屋のようにして使うのもアリかもしれない。

R0002855

キンキンに冷えたオリオンビールの生を飲んで待っていると、トレイに乗った刺し身がこんな舟盛りに大化けして戻ってきました。捌いてもらったミーバイの身は、弾力があってゴムのような食感・・・。蛋白で脂がのっているわけでもないので、醤油とわさびをたっぷりとつけて食べました。

もしかしたら柚子胡椒とかポン酢が合うのかもしれないなあ。ほかにも、タコやえび、マグロ、サーモンもあって豪華。海ぶどうやモズクはオマケだそう。

R0002864

これがグルクンのレモンバターソテー。骨っぽい部分が多く、身が少なかったけれど蛋白な白身に濃い味付けが美味しい。パンがあったら浸して食べたい旨味たっぷりのソースでした。

R0002858

グルクンの唐揚げは半身が削がれたので、こんなに丸まっているのか・・・。沖縄では定番の味なんだそうです。

R0002859

これがミーバイのアラ汁。お出しがよく出ていて、たっぷり飲酒した翌朝にはじんわりと全身に染み入るようです。美味しい~。  

 

行ってみた感想・まとめ

ビール2杯で1,000円、調理代は飲食店で払う仕組みで500円、それに買った刺し身盛り500円とミーバイ、グルクンを足しても合計4,000円いかない程度でした。
「朝ご飯で4,000円か!高いだろ!」と突っ込まれるかもしれないけれど、これ単に私が朝に行っただけの話。昼ごはんでもいいわけだし、安いととるか高いととるか人に寄るかなあ。ただ、お酒を飲まなければ3000円に届かない金額なので、十分お値打ちではあると思う。

なにより、市場で魚を買って好きなように調理してもらうなんてここでしかできない体験は貴重だもの~。    

 

この場所はここにあります

那覇市第一牧志公設市場

沖縄県那覇市松尾2-10-1

沖縄県那覇市松尾2-10-1
編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で