飲茶の老舗「連香楼」で味わう飲茶のお味【広州旅行】

飲茶の老舗「連香楼」で味わう飲茶のお味【広州旅行】



広州に来たら、やっぱり食い倒れ!と意気込み、着いた当日の夜に寄ったのが連香楼。もとは茶館として、1889年(清朝・光緒25年)に創業した老舗です。  飲茶の名店としても知られているそうな。

 

キラッキラ、ハデハデな店内に圧倒される

飲茶の老舗・広州の連香楼

第十甫路という繁華街の一角にある店舗。例えていうなら新宿歌舞伎町のような賑やかさ。異国情緒漂うギンギンのネオンが目印です。

_DSC0028

1階は月餅などの中華菓子を売るお土産物ショップ。箱売りだけじゃなく、1個から気に入ったお菓子をテイクアウトできます。

_DSC0027

店名の「蓮」にちなんで、蓮の花のシャンデリアが燦然と輝きます。

_DSC0030

よくよく見ると、至るところが蓮モチーフで装飾されているんですね。金ピカなのも中国らしい。

_DSC0031

隠れミッキーのように蓮がいる店内。朝の飲茶は混雑すると聞きましたが、夜19時過ぎにはブラっといってもすぐに入れました。

_DSC0032

とりあえず、一杯飲みながらメニューを決めることにしました。おそろしいことに、このビール瓶の底が平ではなく、最悪の安定感じで泣きそうでした。  

 

なかなかパンチがあるメニュー表がきた

規模に相反して客が少ない時間帯だったのか、横に3人ほど店員がベタ付きで世話をしてくれました。一人で入ってくる外国人が物珍しいのもあるのでしょうが、なにかと話しかけてきたりちょっかいを出してきたり。4日ほど滞在してみてわかったのですが、広州の人はかなり人懐っこいようで、どこのお店に行ってもこんな感じでした。

DSC_0039

漢字の国なので、なんとなくわかる上に写真付きメニューだとだいたいの料理名はわかろうというもの、値段も安い。連香楼海老餃子とチャーハン、排骨の甘ダレ焼きなるものを注文してみました。

DSC_0035

しかしメニューの写真がなかなか強烈。豚の丸焼きの盛り付けにミニトマトを目に添えているとか・・・

DSC_0034

鶏のスープはこんな有様です。「まるごと鶏のスープ、乳白色の温泉仕立て」みたいな様相に、鶏の無念さを感じさせてくれました。でもこれ、連香楼だけじゃなくて広州ではスタンダードな盛り付けのようです。  


お待ちかねの料理がきた!

_DSC0038

塩気のきいたチャーハン。パラパラとしたお米に野菜がたっぷり。

_DSC004e1

メニュー写真とは随分違う盛り付けですが、海老餃子。プリップリの餃子が美味。皮もツルンとしていながらモッチリ。

_DSC0036

排骨はほとんどが骨で、骨をしゃぶるような食べ方でいただきました。濃い目のオイスターソースに香辛料がきいてビールが進みます。 ちなみにツアーの昼食会場にも利用されることが多い連香楼。滞在2日目はオプショナルツアーで観光名所をガイド付きで回ったのですが、昼食の飲茶はここ連香楼でした。地元の人は少なく、どちらかというと旅行者がほとんどのテーブルを埋め尽くしていました。

あちこちで滞在中、飲茶をいただきましたが味は並といったところ。老舗の味を体験するなら、足を運んでみてもいいかも。  

 

このお店はここにあります

連香楼

広州市荔湾区第十甫路67号

中国、Guangdong, Guangzhou, Liwan、Dishifu Rd, 67号、邮政编码: 510140
 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で