ロンドン旅行で買う紅茶のラインナップと選びかた #イギリス #お土産

紅茶の国、イギリスに旅行したらやっぱり買って帰りたいのが紅茶。ロンドンにはフォートナムメイスンやトワイニングなどの有名茶舗があるほか、デパートやスーパーマーケットでも豊富に紅茶が手に入ります。紅茶の国といっても最近はティーバッグタイプ派も多く、茶器がなくても大丈夫! 

そんな紅茶をお土産として買いたい人向けに、ロンドンで買えるおすすめの紅茶をまとめました。

1:ミルクティ好きなら買うべし「Tetley(テトリー)」

ロンドンにワーホリに行っていた人から頼まれたテトリー。「ミルクティーにはこれ!」というほどイギリスでは定番の紅茶なのだそう。これまでウバ茶など強めの茶葉を買ってくるか、2倍量のティーバッグで淹れるかしないと濃厚なミルクティが作れませんでした。

でも、このテトリーを買ってからというものティーバッグ一個で濃厚なミルクティを作れるようになりました。この丸いティーバッグに細かく刻んだ茶葉が入っていて、手抜きをするときはマグカップに牛乳とティーバッグをいれてレンチンするだけ。それでも濃いミルクティが作れちゃいます。

40P入りで200円前後という安さも魅力。ミルクティ好きならお得用サイズがおすすめです。

購入場所:セインズベリーほかスーパーマーケット

ちなみに日本からはamazonで購入できますよ。

(スポンサードリンク)

2:日本未発売がいっぱい!「TWININGS(トワイニング)」

ロンドン市内にはトワイニングの直営店もあり、観光スポットにもなっているんですが。普通にスーパーでも安価なティーバッグタイプがいっぱい並んでいます。

フレーバーティも種類が多くて、冬の旅行だったので風邪予防にジンジャーティーを買ってみました。開封するとジンジャーの香りがものすごいw
蜂蜜を入れて飲むとカラダがぽかぽか温まりました。1箱1.25ポンドなので300円しません。

購入場所:セインズベリーほかスーパーマーケット

3:お得用の茶葉をアウトレット価格で「WEDGWOOD」

滞在中に特急列車に乗って行った、陶磁器の里・ストークオントレント。WEDGWOODのアウトレットでは茶器をたっぷり購入したわけですが。

茶器だけじゃなく、オリジナルの茶葉も取り扱っていました。しかも1kgのお得用サイズ! 16ポンドが叩き売りで5ポンドという破格値だったので、3kg衝動買いです。茶器や紅茶好きはストークオントレント、おすすめですよ。

購入場所:WEDGWOOD OUTLET

4:パケ買いした「バッキンガムパレスショップ」の紅茶

ロンドン市内に4軒ある王室公式グッズを扱う「バッキンガムパレスショップ」。どれもこれもお値段は高めなんですが、写真右側の黄色と紫のハイソなパッケージに一目惚れ。ショートブレッドとセットにして取引先の人へのお土産に重宝しました。

コーギー好きにおすすめ! イギリス王室の公式グッズショップ「BUCKINGHAM PALACE SHOP」

5:著名人も訪れる、バラマーケットの「Tea2You」

ロンドンの食市場として名高い「バラマーケット」。ここで買いたいのが「Tea2You」という紅茶専門店の紅茶です。

店内にはお店にやってきた食の専門家や政治家、王族など著名人の写真や手紙がびっしり。

その日ごとに替わるおすすめ紅茶もあり。丁寧にどの茶葉にも産地やブレンドの配合比率の解説もつけてあります。お茶の時間を楽しみたい人、「本場のおいしい紅茶を買いたい」という人はここはかなりおすすめです。フォートナム・アンド・メイソンやハロッズなど有名デパートで買うよりも、高品質なのに安価なのも特筆すべき点。店内で淹れた紅茶をテイクアウトするのも可能ですよ。

6:ヒースロー空港で買えるTHEロンドンな紅茶

お土産用といえば、これがいちおし。ヒースロー空港で買える、トワイニングのロンドン限定パッケージの紅茶です。アールグレイやダージリンなど定番の銘柄を、こんなにかわいいパッケージで購入できます。

ちなみにヒースロー空港では、ハロッズやフォートナム・アンド・メイソンの紅茶も買えるので「紅茶は最後でいいや」という買いかたもできますよ。

誰にどれを買う? おすすめ紅茶の買いかた・選びかた

実際にいろんなものを買ってみて思った紅茶の買いかた、選びかたはこんな感じ。

  • 安い紅茶をバラマキ土産にしたい人→スーパーで「テトリー」「トワイニング」
  • イギリス旅行感あるパッケージの紅茶なら→ヒースロー空港で「トワイニング」
  • 紅茶をお世話になった人に買いたい人→「フォートナム・アンド・メイソン」「ハロッズ」
  • 自分用においしい紅茶を買いたい人→バラマーケットで「Tea2You」

紅茶の買い物まとめ

イギリスに行ったら定番のお土産である紅茶。いざ行ってみると、高価な茶葉から安価でおいしいティーバッグまで豊富に揃いました。若い人は紅茶党よりコーヒー党という人も増えているといいますが、それでもどこへ行ってもいろんな茶葉がある光景を見ると、紅茶の国だなあと思わされます。

じつは紅茶だけじゃなく、ほうじ茶や抹茶、緑茶も百貨店やスーパーに並んでいるのでお茶が好きな国民性なんでしょうね。

記事中には書きませんでしたが「フォートナム・アンド・メイソン」「ハロッズ」は、ある意味お土産の定番。オリジナルブレンドの紅茶も豊富に揃い、パッケージデザインも秀逸。

知名度も高いのでどこへ持っていっても間違いのないお土産です。ただ、高価なのも間違いなく。物価が高いロンドンに滞在すると、どうしても滞在費用を圧迫してしまいます。

セインズベリーをはじめ、ロンドンのスーパーで並ぶ紅茶は誰でも手軽に楽しめておいしい紅茶の宝庫なので、ぜひ探しに行ってみてください。おもしろい紅茶を見つけることができますよ。

この記事が誰かのお役に立ちますように。