【旅の準備】海外で効率よく観光するためにやっておきたいGoogleMapの作業

海外旅行はどこの国に行くにせよ、綿密な準備が不可欠。それが女性の一人旅ならなおのことです。限られた時間のなかで効率よく観光地をまわり、欲しいもの買って帰るためにやっておきたい旅の準備。時間と手間をかけず、かんたんにできる方法を試行錯誤した結果、GoogleMapが最適だったので私が実践している作業を紹介します。

1.WEBや本etc.  まずは資料を集めて情報収集

たとえば「パリ」に行くと決めたのなら、その国の情報を集めて観光したいスポットを絞り込みます。ガイドブックは出版社によって内容が違うので「情報を広くカバーできる本」と「深掘りした本」の複数冊を組み合わせて買って、情報を補完するのがおすすめ。

私のお気に入りはJTBバブリッシングの「ララチッタ」と、「るるぶ」or「まっぷる」で「情報を広くカバー」して、プラスでその国在住の人が執筆したエッセイ本を買って観光スポットを検討します。

WEBサイトでは、行く国が発信している観光情報をチェックしたりブログ情報をみて実際のスポットの様子を探ったりしています。ほかにも「Expedia」や「mybus」でどんなオプショナルツアーがあるのかみておくと、具体的なイメージがわくので行動予定も立てやすいです。

2.行きたいスポットをGoogleMapに保存

1で情報収集して見つけた、行きたいスポットはとりあえずGoogleMapにどんどん保存していきます。検討中の場所でも後で取捨選択すればいいので、気にせずに保存してしまいましょう。

まずはGoogleMapを開きます。作業する前に必ずアカウントにログインしておくことを忘れずに。

参考 GoogleMapGoogleマップ

次に検索窓に行きたいスポット名を入力して検索します。

検索結果がずらずらっと表示されるので、該当するスポットをクリックします。

上部にある「保存」を押してスポットを保存します。営業時間や電話番号、お店のサイトURLもすべて情報を保存できるので旅行中にも取り出しやすくなりますよ。

保存をクリックすると、次の画面でどのリストに保存するか訊かれるので旅行先のリストを作成しましょう。ここではロンドン旅行としています。

これが「ロンドン旅行」のリスト作成後にピンを保存した状態です。広域で確認してみると、ピンが立つエリアがいくつかのエリアに集中することがわかります。これならば初めていく場所でも位置関係が一目瞭然! 不慣れな電車やバスの路線図や地図と格闘しながら、旅行プランを組み立てる必要がありません。

ここから効率よく観光できるよう観光スポットをエリアごとをグルーピングしていきます。1日目はこのエリア、2日目はこのエリアといった具合です。ちょっと離れた場所にピンが立ったら、一番近いエリアの日にまとめてしまいましょう。観光や買い物、食事など予定が盛りだくさんすぎて1日で周り切れないときには予備日に回すか、削ぎ落とすか思案します。

この2の作業は本を片手に作業するほか、私は溜め撮りしていたドラマや映画を見ながら、または電車での移動中に行うことが多いです。仕事や家のことで旅行までにまとまった時間がとれなくても、同時並行やスキマ時間を有効活用すればできるのも便利ですよ。

3.携帯する「トラベルノート」にまとめる

リストに保存してあるので、Googleが閲覧できる地域の旅行ならば住所や電話番号、営業時間をメモしなくてもOK。このまま旅行先でも情報を取り出せるのですが、海外に行く時にはアナログでも「トラベルノート」に情報をまとめ書きしておくのがおすすめ。

電波の悪い場所だったり、携帯のバッテリー状況などでメモしていたものが見れないと元も子もありません。念のため行動予定表や買い物メモや頼まれたお土産の品名、メトロマップなどをまとめて自分だけの旅のしおりを作っておきましょう。

この記事がだれかのお役に立てますように。