「サンライズ出雲」の乗車時に持っていきたい物7つ

寝台特急「サンライズ出雲」を利用してみて「あ、これを持ってくればよかった!」と思った物もあれば、無くてもよかった物もありました。これから「サンライズ出雲」を使って旅行する人に、そんな実体験から持ち物について書いておこうと思います。

MEMO
ただし、A個室寝台(シングルデラックス)を利用する人は、乗車後に車掌さんから配布されるアメニティ一式に含まれているものも多くあります。席種によってわかるよう、それぞれに記載してみました。

共通して「サンライズ出雲」に設備があるもの

シャンプーやボディーソープ、ドライヤーはシャワールームに用意があります。薄手ですが毛布も席種問わず1枚用意されています。

持って行きたい物1:タオル類

「サンライズ出雲」には枕や毛布などの寝具のほか、簡易的なパジャマも用意されています。しかし、用意がないのがタオル類です。夜と朝の洗顔やシャワーで必ず必要になるので、持参するようにしましょう。

※A個室寝台(シングルデラックス)のアメニティには含まれます

持って行きたい物2:歯みがきセット

今や日本のビジネスホテルや旅館では、当たり前のように提供される歯ブラシや歯磨き粉。「サンライズ出雲」の普通車指定席やB個室の乗車ならば持参になります。

※A個室寝台(シングルデラックス)のアメニティには含まれます

持って行きたい物3:石鹸類

洗顔用の石鹸やメイク落としは持参を。ハンドソープは洗面台に設置されています。ただ、洗面台の水圧がとても弱いので、メイク落としには不便を感じるかも。拭き取り用のメイク落としも用意してもよさそう。ボディーソープやリンスインシャンプーはシャワールームに常備されています。

持って行きたい物4:飲食物

車両には自販機が数か所設置されていて水やお茶、スポーツドリンク、コーラなどが購入できます。ワゴン車による車内販売はないので、お酒やおつまみ、お菓子、食事などは買って持ち込むようにします。秋冬は暖房で個室は乾燥気味。お水類は少し多めに買っておくのがおすすめです。

持って行きたい物5:パジャマや部屋着

A個室寝台(シングルデラックス)およびB個室には簡易的な寝間着とスリッパが用意されています。ただし薄手のものなので、寒さに弱い人は着慣れているパジャマを持参するのがベター。また、B個室はとても狭く、ほとんどベッドの上での活動になるので、乗車してすぐ部屋着に着替えてリラックスしたいもの。洗面台やラウンジなどの車両間の移動をする際にも、女性は用意された寝間着よりも部屋着の着用がおすすめです。

※ノビノビ座席には寝間着、スリッパはありません

持って行きたい物6:枕

寝間着と同じくA個室寝台(シングルデラックス)およびB個室には枕の用意がありますが、ノビノビ座席には枕がありません。荷物を枕にする人もいますが、ないと落ち着かない人は空気を入れて膨らませられる簡易的な旅行用の枕があるとラクチンです。

 

持って行きたい物7:ヘアブラシ

ヘアコームやヘアブラシの類は持参必須です。ヘアオイルやワックスなどの整髪剤も持参を。

※A個室寝台(シングルデラックス)のアメニティにはコームが含まれます

そのほか、あると便利なもの

室内にはテレビはなく、NHKラジオ放送が聴けるのみ。ただし、電波の悪いところも走行するので時には途切れることも多かったです。音がないと落ち着かない人は、イヤホンとともにポータブル音楽プレーヤーやラジオを持参するとよさそう。映画など映像をみて過ごす際には端末にダウンロードしておきましょう。

この記事が誰かのお役に立てますように。