広島アンデルセンで食べるモーニング #紙屋町 #広島旅行

2020年のオープンに向けて、工事中の広島アンデルセン。現在は紙屋町の仮店舗で営業中とのことで、もっと簡易的なお店かと思っていたらとんでもない。カフェを併設した5フロアからなる店舗で、ゆっくりと朝食をいただいてきました。

全国的にも有名なアンデルセン、広島はその創業の地

関東で暮らす人にも馴染み深い「アンデルセン」。じつは1948年に広島で生まれたパン屋さんなのです。青山アンデルセンは2017年7月に営業を終了してしまいましたが、広島アンデルセンはショップのほかカフェやセミナールームなどを設けた旗艦店として今も営業をしています。

ただし、この店舗は仮営業中。新店舗は2020年以降にオープンの予定で工事中なのだそう。

(スポンサードリンク)

ペストリーでは広島限定のパンも販売中

デニッシュペストリーを日本ではじめて販売をした広島アンデルセン。1階フロアではおいしそうなデニュッシュペストリーがズラリと並んでいて目移りしそう。この日は2階のカフェでモーニングを食べるために行きましたが、すっかり心を奪われて5~6個買い込んでしまいました。帰りの新幹線のなかで食べたり、ホテルでオヤツや夜食にしてもいいと思います。

なかには広島アンデルセンだけで買える、ご当地のプロ野球チーム・広島カープの赤ヘルをイメージしたパン「赤ヘルサンライズ」も。

サンドイッチ系も充実していました。値段の安さにもびっくり。

アンデルセンで買えるスイーツにも注目

パンだけでなく、広島アンデルセンではスイーツも販売しています。季節に合わせてクッキー生地が変わる王様のクッキーは、ちょうど秋ファッションになっていました。外箱パッケージもかわいいのですが、蓋を開けたときのカラフルでかわいい型は贈り物にぴったり。通信販売もあるので、子供さんのいる人への手土産や贈り物によく利用していますが、とても喜ばれますよ。

お友達を招いたお茶会の手土産や、おもてなしにはこんなケーキもおすすめです。

カフェでいただく焼き立てのパンがおいしい

朝7時台から広島アンデルセンではモーニングの営業をしています。サラダやコーヒーなどのドリンクがついて800~1000円程度とリーズナブル。

人気のエッグ&マフィンのセットは週末9時頃に行くと売り切れてしまうので、少し早めにお出かけを。季節のスープはこの時期にはトマトかパンプキンのスープでした。

大きなボウルに入っているので、かなり食べごたえがあります。スープが少し固めに仕上げられているのは、パンに絡めやすいようにという配慮なのでしょうか。かなり濃厚でパンにつけながら食べても美味しかったです。

それとチーズとハムのサンドイッチもお気に入りのメニュー。チーズのほかにトマトとバジルもアクセントに加えられていて、チーズのコクが引き立ちます。

このお店はここにあります

広島アンデルセン
広島市中区紙屋町2-2-2

広島市中区紙屋町2-2-2