遊覧船に乗って撮影する、外灘の美しい夜景 #上海旅行

ゴシック様式のレトロな建物が並ぶ外灘(ワイタン)。端から端までを歩くと、大人の足で40分以上かかります。じっくり時間をかけて散策するのもいいけど、遊覧船に乗って船上から美しい外灘を眺めるのも一興では? 特に夕方からはライトアップしていて、カメラ好きには格好の撮影ポイントになりますよ。 実際撮影した画像で、遊覧船からの風景をご覧下さい。

遊覧船のチケットは180元

外灘の黄浦江遊覧船は30分置きに出航していて、一回の乗船時間は50分ほど。チケット売り場は外灘の数ヶ所にあります。乗船場にもチケット売り場があるので、ダイレクトに向かってしまってもOKです。

ランチやディナー付きなど、クルーズの種類はさまざまですがシンプルに乗船のみだと120元程度でした。

私は今回、和平飯店の近くにあるチケット売り場で購入したのですが、乗船口までとにかく歩きました。。購入時に「急いで! すぐ走って行きなさい!」と言われたのだけど「え、だって時間まで45分もあるよ?」と思ったわたし。乗船口は気象信号台の近くで、和平飯店から歩くと1.3キロほど先だったのです。

平坦ですが、ひたすら遊歩道をてくてく歩きます。残暑厳しい9月の上海、湿度90%の気候で大汗をかきながら歩くこと20分、乗船場が見えてきました。

青のイルミネーションが輝く屋根が乗船口の目印です。遊歩道を歩いてきてしまうと見つからなくて焦るのですが、下へ降りて車道方向へ向かってください。

乗船する船はどれがくるか、その時々によって異なります。今回乗った船は至って普通の観光船でしたが、なかにはもっとイルミネーションがゴテゴテなド派手な船舶もありました。

乗船前に荷物検査があるので、出航時間より少し早めに到着しておくと安心です。

遊覧船に乗ったら、最上階を目指そう

乗った遊覧船の内部は、豪華客船をイメージしたのか木の温かみある内装。もっと簡素な造りかと思っていたのですが、意外にもゴージャス。

乗船後は撮影しやすいよう、まっすぐ最上階を目指します。ウッドデッキの最上階には、すでに人がいっぱい! 寝っ転がって夜景を見る人もいて、なかなかフリーダムな場所でした。

別途100元支払って入ることができる、ラウンジもありました。物は試しと入ってみたところ…

あまりVIP感はなく…。

人が少ないので、ゆっくりと夜景鑑賞するにはよいのかも。

なぜかポテチやチョコレートのスナック菓子、炭酸飲料がサービスで出されました。最上階のウッドデッキのフロアでは小さな売店で飲み物を販売しているので、手ぶらで乗船しても大丈夫ですよ。

出航後はひたすら撮影を楽しむ

一日中、何便も運行している遊覧船。いつ乗っても外灘の美しい風景を楽しめることは間違いないのですが、やはり夜景の美しさは格別です。乗船時に歩いてきた遊歩道には、夜景を見る人が集まっていてびっしり人の群れが!

中国のイルミネーションはほんとに派手なんだけど、文字や絵柄が刻々と変化して観るものを飽きさせません。

天安門や紫禁城など、次から次へとビルの側面に投影されていきます。

水面にも光が鏡面反射して、コントラストがまたステキ。たっぷり撮影を楽しみました!

記事が誰かのお役に立てますように。

黄浦江遊覧

上海市<wbr />黄浦区中山東二路281号