札幌に行ったら必ず食べたい「北菓楼」札幌本館の限定スイーツ2つ #北海道

札幌に行ったら必ず食べたい「北菓楼」札幌本館の限定スイーツ2つ #北海道



札幌に旅行する人の定番お土産スイーツのひとつが「北菓楼」です。本店は砂川市にあるのですが、2016年3月に札幌本館がオープン。平成15年に建造された歴史的建造物「北海道庁立図書館」をリノベーションしたレトロな空間に「北菓楼」のお菓子が勢揃い!

札幌本館でしか食べられないスイーツも味わってきました。

明るく開放的な造りの「北菓楼」札幌本館

札幌のシンボリックな赤レンガの札幌道庁のすぐそばにある「北菓楼」札幌本館。石造りの重厚感ある建物は、札幌市の「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選定されました。そんな歴史的価値の高い建物を建築家・安藤忠雄氏の設計でリノベーション。札幌では初となる路面店として2016年にオープンしました。

1階はショップ、2階はカフェとイベントスペースになっています。

重厚な外観とはうらはらに、吹き抜けの天井と真っ白い壁は明るく開放感たっぷり。「北菓楼」の和菓子や洋菓子、パンなどひととおりのものが札幌本館で手に入れることができます。


どれを買おうか悩ましくなるラインナップ! 一個ずつ買えるのが嬉しい

「北菓楼」の定番商品といえば「北海道開拓おかき」。いろんな味のおかきはどれも試食可能なので、自分の好みの味を探して購入することができました。軽くて手頃な価格なので、バラマキ用のお土産にもたくさん買いました。

「北菓楼」って、道外の人にしてみると洋菓子のイメージが強いけれど和菓子もいろいろあるんですね。練りきりまでありました。

スイーツは一袋ずつ購入できるのは、ちょっとずつあれこれ食べてみたい人には嬉しいですよね。うちは夫が甘いものを一切食べられないタチなうえに、わたしもたくさんは食べられず。箱でしか販売がないと食べきれないので購入を諦めるしかなかったのですが、これなら食べるぶんだけ購入できます。

北菓楼「札幌本館」限定のスイーツもチェック♪

ここに来たら絶対に食べたいのが、クロワッサン生地を使った「夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)」です。北海道産の小麦を使った焼き立てのサックサクを食べられるとあって、焼き上がり時間には大勢の人が列を作ります。

幾層にも重なる生地にカスタードクリームがたっぷり。ひとくち頬張るとバターの香りが漂います。クロワッサンやパイが好きな人にはたまらない味かな。店内で常時焼いているので、目の前で売り切れてもすぐに焼きあがりますよ。アツアツの皮とつめたいクリームが同時に味わえて面白い!

それともうひとつハズせないのがソフトクリーム。

「北菓楼」では、店舗によって異なる限定フレーバーのソフトクリームを出しています。札幌本館の限定フレーバーはラムレーズンソフトクリーム。ふわふわ、さっぱりとした口当たりのソフトクリームで、ラム酒の芳醇な香りが大人の味~

限定スイーツは1階にあるベンチでさくっと食べることができるので、効率よく観光して周りたい人にもオススメ。スイーツ好きさんなら行ってソンはないお買い物スポットです。

 

この場所はここにあります

北菓楼 札幌本館

北海道札幌市中央区北1条西5-1-2

北海道札幌市中央区北1条西5-1-2

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で