タイのお土産に「Oriental Princess」のバナナシャンプーをもらった #レビュー

タイのお土産に「Oriental Princess」のバナナシャンプーをもらった #レビュー



夫がタイへ社員旅行に行ってきて、お土産にシャンプーを買ってきてくれました。「なんでタイのお土産がシャンプーなの」と、ビールじゃなかったことに多少ふてくされたワタクシ。でも、このシャンプーが、タイ土産の定番となりつつあるらしいのです。

今回はバナナシャンプーの使用感レビューを書いておきます。

 

好き嫌いが分かれるかも? 濃厚な香りのバナナシャンプー

このバナナシャンプーを売り出しているのは、タイ発のブランド『オリエンタルプリンセス(Oriental Princess)』。タイではメジャーなブランドらしく、どこでも手に入れやすいそうです。夫はショッピングモールに行って買ったとか。

公式サイトもあります。

バナナシャンプーは「Tropical Nutrients Banana Treatment Shampoo」が正式名称。Google先生の翻訳によると、乾燥による傷みや枝毛を改善して髪の毛を柔らかくしてくれる効果があるみたい。タイって乾燥とは無縁のような気もするけど、美しい黒髪は保湿ケアのおかげなのかしらん。

今回、夫はバナナ以外にベルガモットも買ってきてくれたけどほかにはカモミールやアップルもあるそう。

手にとってみると、思ったよりもトロトロ、トローンなテクスチャでした。蓋を開けたときからバナナの香りがものすごい (゚д゚)! ハワイで買えるバナナのボディクリームやリップクリームもそうだけど、バナナ臭って結構キツイけれど、これはどっちかというとバナナシェイクみたいな香りかな。ニガテな人はニガテかも。

 


バナナシャンプーの気になる使用感は

タイの水って硬水なので、日本の軟水で泡立つのかな?と気になっていたものの。実際には日本製のシャンプーに遜色ないほど泡立ちがよくてびっくり。黒くなるまで放置した完熟バナナ好きとしては、バスルームがむせっかえるバナナシェイクの匂いで充満するのもまた楽しい~

シャンプーの泡を洗い流すと、途端に髪がギッシギシ。これはリンスかトリートメントで仕上げないとキツイかも。なぜかシャンプーを2本買ってきて、トリートメントを買ってこなかった夫。仕方なく、手持ちのオイルを毛先につけて乾かしました。最近の日本のシャンプーって、洗いあがりがキシまなくなってきていたので、なんだか懐かしい感じ。

不思議なんだけど、タオルドライをしている時にはあれほどのバナナ臭がどこへやら。なんとフローラル系に香りが変わっていました。

肝心の保湿力についてはシャンプーのみだと実感はなく。バナナ好きさんが香りを楽しむシャンプーってところかしらん。

 

 

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で