ビール党はたまらん!「オーストラリアンヘリテージ」のビール&ピザがウマー! #シドニー

ビール党はたまらん!「オーストラリアンヘリテージ」のビール&ピザがウマー! #シドニー



イギリス入植時代の遺構が多く残るロックス。昼も夜も賑やかなエリアで、おいしい飲食店もいっぱいあります。なかでも「オーストラリアンヘリテージホテル(英語表記:Australian Heritage Hotel)」の1階にあるパブは、シドニーに行く度に絶対に立ち寄る場所。濃厚なチーズがたっぷりのっかったピザをアテに、おいしいクラフト生ビールを堪能できるビール党にはたまらんスポットです。

クラシックな雰囲気の「オーストラリアンヘリテージホテル」のパブ

パブはオーストラリアンヘリテージホテルの1階にあり、宿泊者でなくとも利用できます。1900年からこの場所で営業する、歴史の長いホテル&パブでクラシカルな内装がステキでしょう? 昔はホテルでなければ夜にアルコールを提供できなかったため、いまでもパブはホテルに併設されている所が多いのだそう。

シドニーのパブは一部で身分証確認が必要なところがあるけれど、オーストラリアンヘリテージホテルのパブは一切なし。ドレスコードもなく、タンクトップにサンダルといった軽装のマダムもいっぱいいました。

席は店内にテーブル席が少々と、道路に面したテラス席のみ。こじんまりとしているので、夜は人で溢れています。夏は外のテーブル席で飲食する人もいっぱい!

 


注文は英語オンリーだけど大丈夫

ビールや料理はカウンターで注文して会計したものを、運んできてもらうスタイル。ビールと一緒にピザやサラダ、フィッシュアンドチップスのようなスナック類が豊富です。

クラフト生のサーバーです。正直、どれがおいしいのかよくわからん!と注文にこまるのだけど、テイスティングができるんですよ。英語ができる人なら「Could I try taste this?」なんていうのでしょうが、英語はからきしなので指をさして「Tasting」なんていってました。でも意味は通じるみたい。慣れた手つきで一つひとつ少量を注いで出してくれるので、好みのビールを注文してください。

わかりやすいよう、こんな看板も天上付近にあります。22ドルでビール5種類を選んで飲めるパドルとオーダーもできるので、アレコレ飲んでみたい人にはおすすめ。

わたしはお気に入りの銘柄を普通にごくごく。冷え冷えで最高です。

瓶ビールもかなり豊作。ビール好きには天国ですよ、ここ。

 

ピザは絶対頼んで欲しい激ウマメニュー

ジャーーーン! どうですか、このチーズの焼き色。これがもう濃厚で味が濃くって最高なんです。ちなみにこれは、カンガルーのピザ。ほかにもクロコダイルなどオーストラリアっぽい具のピザもありました。ニガテな人には、サラミなど普通の具もあるから安心してください。

ピザはサイズが2種類あって、ひとりにはミニサイズを頼めるのも嬉しいですよね。

 

以上、シドニーに来たら絶対ハズせないオーストラリアンヘリテージのピアパブレポートでした。夜は遅くまで営業していないのが難点だけど、昼も夕方も営業しています。アップダウンの多いロックスの観光の一休みにぜひ、どうぞ~!

 

このお店はここにあります

オーストラリアンヘリテージ

100 Cumberland St, Sydney NSW 2000 オーストラリア

100 Cumberland St, Sydney NSW 2000 オーストラリア

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で