「ごろさや」で自分史上最高の金目鯛とお刺身をいただく #下田 #伊豆

「ごろさや」で自分史上最高の金目鯛とお刺身をいただく #下田 #伊豆

伊豆の下田にある割烹・小料理店の「ごろさや」。ここが行列ができるほどの人気店と聞いて開店時刻ジャストに入店、名物の金目鯛の煮付やらお刺身をたらふく食べて来ました~。

何を食べようか迷う迷う♪ の豊富なメニュー

これが「ごろさや」のメニュー。伊豆の名物オールスターな定食がズラリと並んでいて、どれもこれも食べたくて困りました。

伊豆に来たら美味しいお刺身も食べたいし、金目鯛は外せないし。

一品料理もあるので更に迷う迷う。珍しく夫とふたりで来ていたので、ここは別々のメニューを頼んでみることに。

 

これ以上の味を食べたことがない! 「ごろさや」最高!

まずは冷たいビールを頂くにあたり、アテになめろうを。徹底的に身を叩いてすり身状になったなめろうを食べることが多いけど、「ごろさや」のなめろうはぶつ切り。味噌と紫蘇と弾力があるアジの身が渾然一体となって ( ゚Д゚)ウマー!

お刺身と金目鯛がセットになった定食2,200円についてくる茶碗蒸し。アッツアツでこれまた(゚д゚)ウマー。お出汁が濃くって好みのタイプです。

お刺身がキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━!!!!
美しいピンク色の身にうっとり。マグロやイカ、キンメなど旬の捕れたての地魚が山盛りです。もうどれもこれも海なし県育ちのわたしには大ごちそう。

なかでももう、泣きそうだったのが金目鯛の煮付け。昔から夏は涼しい伊豆旅行に出かけることが多い家だったので、金目鯛は来たら必ず食べるオサカナ。なかでも金目鯛の握り寿司と煮付け好きで、かなり食べてきたのだけど。これまでに食べたことがない、脂がのりまくりの身にこれまた飴色の煮汁がもう絶妙で。ごはんこれだけで3杯くらいペロリです。

夫が頼んだ金目鯛のコロッケ。珍しいし面白いな~と思い一口もらったのだけれど金目鯛の風味があんまり感じられず、お芋の味。煮付けの破壊力の前にはどれも霞みます…。

お料理をいただいている最中にもひっきりなしにお客さんが来店して、あっという間に「ごろさや」は満席に。開店と同時に来てよかったみたい。

そういえば、向こうのガイドブックに載ってるのかな? 欧米系の旅行者が何組も来ていました。日本の美味しいお刺身を堪能してほしいなあ。

 

「ごろさや」はここにあります

静岡県下田市1-5-25

静岡県下田市一丁目5−25

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で