とびきりかわいい「gumaguwa(グマグワ)」のやちむんに一目惚れ #沖縄の旅

とびきりかわいい「gumaguwa(グマグワ)」のやちむんに一目惚れ #沖縄の旅

焼き物に目がないわたくし。食器棚だけで3棹ある我が家ですが、当然沖縄に来たら「やちむん」も買って帰りたいじゃないですか。国際通りから歩いて行ける「壺屋やちむん通り」を散策していたら、とびきりかわいいやちむんのショップ「gumaguwa(グマグワ)」を発見。お店の方に撮影の許可をいただいて、大興奮しながらお買い物してきましたよ。

 

外観からしてひと味ちがう「gumaguwa(グマグワ)」

過去記事でも紹介した「壺屋やちむん通り」。

この通りに面して建つ「gumaguwa(グマグワ)」という名前のショップがもう、かわいくてかわいくて。

外観はこんな古い古民家を改装したシンプルな造りなんですが、中に入ると…

なんだかもうオサレな内装でびっくり。光がたっぷり降り注いで、白い壁にやちむんが映える。このままロケができてしまいそうです。

決して広くない店内なんですが、テーブルコーデのサンプルにもなるような展示がしてあったり。伝統的な食器というと、どうしても文様やカラーリングに縛りがあるので画一的なデザインになりがちだけど、やちむんをフレンチスタイルに変化させちゃうのはなかなか大胆。

調べてみると「gumaguwa(グマグワ)」は、300年以上の歴史をもつ育陶園」という窯元が始めたショップだそうで。伝統技術をベースに作る、ポップなデザインのやちむんが特徴的です。

どれもこれもかわいくてかわいくて。鮮やかな青もステキでしょう。

普段使いのコップやそば猪口、お茶碗もいっぱい。

琉球ガラスの作品も展示されていました。

こんな器で冷たいデザートをよそったり、お酒を飲んだりしたら楽しいだろうな~

器以外にも木製のカトラリーなんかもありました。

で、この子たちを連れて帰りましたw スクエア型のお皿がちょうど欲しかったのもあるんだけど、厚手で使いやすそうだし、なにより絵柄が気に入ってしまって。カプレーゼとか合いそうじゃない?

飛行機で持って帰るというと、ぐるぐる丁寧に梱包してくださって、このように無事に連れて帰れました。ほんとはもうアレもコレも欲しかったけれど、LCCで来ていたので荷物を増やすわけにもいかず。

那覇のお土産探しに、器好きさんには絶対に行って欲しいやちむんのお店でした。

 

このお店はここにあります

gumaguwa(グマグワ)

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で