「仁王門 うね乃」で食べた冬限定の鯖ずしが美味しすぎる #京都ごはん

「仁王門 うね乃」で食べた冬限定の鯖ずしが美味しすぎる #京都ごはん

京都に明治36年に創業した「うね乃」というお出しの専門店があるのですが、そのお出汁を使ったうどん店「仁王門 うね乃」がオープンしたと聞いて。わたくし、うどんの消費量は香川に次ぐ2位の埼玉育ちなものでうどんには目がないタチでして「これは行かねば!」とワクワクしながら行ってきましたよ。濃いめのおつゆが関東のうどんの特徴だけれど、出汁がきいた関西のうどんも嫌いじゃないんですよね~

 

繁華街からちょっと離れた場所にある「仁王門 うね乃」

何の事はない路地にあるのに実際、迷いました(笑
「仁王門 うね乃」は和モダンな町家で、小さな看板しか出ていないので見落とし注意です。

行ったのは16時ごろでしょうか。お昼を食べはぐり、さりとて夕食までは時間がまだあるな~という時にはうどんってぴったりじゃないですか。

グランドメニューのほかにも、日替わりメニューがありました。「仁王門 うね乃」はうどん屋さんなので、メニューはうどんオンリーだと思っていたけど違うみたい。“ちょっとつまんで飲んでからのうどん”なのかな。やたらビールやお酒に合う一品料理の多いこと!

真っ先に注文したのは大好物の鯖寿司。

これがもうおいしゅうておいしゅうて。脂がたっぷりのった鯖と上品な味わいの昆布、酢飯のバランスが絶妙すぎて、一口食べたときに軽く涙がでました。酢漬けのみょうがが添えられるあたり、心にくいですね。これはリピ確定、と思いきや冬限定の料理とのことなので、また来年お会いしましょう。

当然、飲みますよ。ハートランドが置いてあるのもなかなか。
ふと隣をみると、昼どきてもなく平日のオンタイムなのに私と同様、ハートランドを開けてツマミで至福時間を過ごしている女性がチラホラ。みんななんのお仕事をしているんだろう。

お昼に来ていればガッツリと2~3品頼んでからうどんにいきたかったけれど、夜は夜で会食予定があったので鯖寿司を食べたあとはうどんをオーダー。

丹波地鶏を使った鶏ネギうどん。

うどんはうね乃が厳選した香川県産の小麦粉を使っているそうで。お出汁は鹿児島県産の鰹節に熊本県産のうるめと鯖、高知県産の宗田鰹、北海道・利尻島産の昆布で取っているそうな。

「お出汁だけ持って帰りたいほどおいしい」と聞いていたけれど…。やっぱり関東人ゆえなのか、やや薄いお味に感じてしまい。うどんもかなりソフティ。もっとコシがあるうどんが好みのわたしには、残念ながら好みとマッチングしなかった食事となってしまいました。

鯖寿司が絶品だったので、ほかの一品料理を食べに再訪したいと思います。

 

このお店はここにあります

仁王門 うね乃

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で