「山さん寿司 本店」の盛り盛り海鮮丼はインスタ素材にもぴったりですよ #金沢 #近江町市場

「山さん寿司 本店」の盛り盛り海鮮丼はインスタ素材にもぴったりですよ #金沢 #近江町市場

金沢といえばおいしい海鮮、海の幸。市の中心部にある近江町市場には、鮮度バツグンのおいしいお寿司を食べさせてくれるお店がいっぱいあります。なかでも「山さん寿司 本店」は、大ぶりの刺し身をこれでもかと盛り上げた海鮮丼が食べられるとあって、平日でも並ぶ超人気店です。

 

「山さん寿司 本店」は市姫神社口を目指して行こう

広い近江町市場は、いつでも人がごった返している上に路地が張り巡らされていて迷路のよう。目指す「山さん寿司 本店」は、この写真に写っている市姫神社口のアーケードを目指して行くと迷いません。右下のごちゃっと人がいるところが「山さん寿司 本店」になります。※並んでいる人が多いので、写真は合えてよけました

新幹線が開通してからというもの、常に大行列。土日や年末の混雑はホントにすごいみたいですね。平日でもランチタイムは激混みです。待っている間に、外に置かれたメニューを見て頼むものを考えておきます。といっても、「山さん寿司 本店」に来る人のお目当てといえば、コレ。

海鮮丼です。( ー`дー´)キリッ

値段は2,700円と海鮮丼の価格帯としては高価な部類なんですが、「山さん寿司 本店」に来た人のほとんどがこれがお目当てといっても過言ではないほど。

ええ、当然ながらわたくしも頼みましたよ、海鮮丼!
金沢らしく金粉もちらして、カニとエビがタワーになっています。すごい迫力ですね~

ネタもこのとおり、寿司桶からはみ出ています。これはInstagramやってる人はガシガシ写真とって上げたくなりますね。

カニさんは身をほじり出しやすいように、穴が開けられているのでお箸で身をカンタンに取り出せました。

どうです、この寒ブリの身の美しいこと! 身も厚めに切ってあるので食べごたえがあります。

数の子だって、このとおり大きめの1本を使用しています。どれもこれもネタが大ぶり! 市場ならではの鮮度のよさも去ることながら、脂がのった旬のネタをたっぷり堪能できます。

お店の張り紙から察するに、海鮮丼の構成要素も季節によって違いがありそうです。これはこれで、別の季節にも来てみたくなりますね。

 

実際、「山さん寿司 本店」の海鮮丼は2700円と値は張るものの「この味でこの値段なら納得」という感想。築地だったらもっと高いですよ、絶対。並んででも食べる価値アリといっていいと思います。ごちそうさまでした!

 

このお店はここにあります

山さん寿司 本店

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で