済州島に行ってみたいな~と思いつつ早数年。日本からの直行便が少なくて、なかなか行けなかったんですよね~…。そこでソウル滞在の後に格安LCCのチェジュ航空に乗って、金浦空港から足を伸ばしてみることに。ネットで調べてみるとチェジュ航空の評判は悪くなさそう。

実際、機内サービスや予約のしやすさ、価格はどうだったのか? 乗ってみた感想と機内をレポートしてみます。

予約はWEBでカンタン。オトクなキャンペーンも多いチェジュ航空

格安LCCというだけあって、もともと航空券の価格は安いのにオトクな価格で利用ができるキャンペーンも頻繁に開催しているチェジュ航空。こまめにサイトをチェックしていると、びっくりするような金額で韓国へ行くことができます。

チェジュ航空 公式サイト(外部サイトへ飛びます) icon-external-link 

メニューバーの「航空券の予約」を選択し、希望する日付を選択すると以下の画面が表示されます。

機内に持ち込める小さな手荷物で行く場合は特別運賃を選択。かなり安い印象だけど、着替えや化粧品、帰りのお土産を詰める大きなトランクでのお出かけで行くなら割引運賃を選びましょう。ただし割引運賃には変更不可などのさまざまな制約があるので、予約時に確認してください。

搭乗者の情報を入力したら、次に細かな項目の選択を行います。手荷物が無料なのは1つだけなので、ほかにもある場合はこの画面で設定します。このほか機内食を事前に選んで購入することも可能です。ここで設定しておきたいのは、座席の指定です。

座席予約には、席の位置や種類によって200~1500円の幅があります。ここで空いていれば選択しておきたいのは◯印をつけた席。料金チャージは一番高いものの、LCC特有の閉塞感がある狭さがなくて数時間のフライトも快適に過ごせますよ。乗務員の作業ブースに近いので、飲食のオーダーをしやすい利点があるほか出入り口に一番近い席なので着陸後にすぐに外へ出られます。

すべての設定が終わったら決済をして予約完了です。チェジュ航空もPCやモバイルからウェブチェックインができるので、空港に行く時間もゆとりをもって行動できます。

さてチェジュ航空の機内設備はどうでしょうか

今回、利用したのは金浦空港から済洲空港の間の移動でしたが、成田空港から釜山までの移動で利用した際にも滑走路が奥まった場所になることが多くて。空港内の移動に時間がかかりました。搭乗ゲートからはバスでの移動。呼び込みが始まる時間には搭乗ゲートに着いておくようにしましょう。

これが予約をした2D席。テーブルは肘掛けの中に格納されています。LCCなので足元が広い席といっても座席の幅は狭いつくりなので、ふっくらした体型だと窮屈感がありそうです。

特別席ですよ、というカバーがかけられていました。

こちらは一般席。テーブルは前の座席から倒して使います。座席間がやや狭い印象です。映像や音楽、ゲームなどのエンタメサービスは一切ナシ。飛行時間は寝て過ごすか、モバイルに映画や本を落として過ごしましょう。

 


機内サービスはすべてキャッシュオンデリバリー

手荷物はすべて上に格納せねばなりませんが、お財布は手元に用意しておいてくださいね。機内で出されるのはお水だけ。事前にペットボトルや軽食を買って持ち込むか、メニューブックから選んで購入します。現金のほかクレジットカードが使用できます。

表紙のレゴがかわいいなあと思っていたら。これ、レゴじゃなくてオリジナルのキャラクターみたい。似てるなw

メニューは国内線と国際線に別れています。国内線だとジュースとビール、スナック菓子程度の用意で残念。

済州島名物のオレンジジュース、飲みたかったのに国際線のみの販売でした。

これもすごく興味があったのに、国際線での販売でした。インスタントのおかゆやビビンパです。コンビニだと3000ウォンくらいから買えるので、お湯を注ぐだけにしては少々高いですが(汗

こっちはもっと興味があった食事メニュー。どれもこれも美味しそう!

安くて便数も多いチェジュ航空。韓国の地方都市への路線も多いので、ソウル以外の旅行にも便利に使えそうです。羽田から利用できたら言うことないのですが、いまのところ成田からの利用のみ。繰り返し利用したい航空会社といえそうです。

記事が誰かのお役に立てますように。