済州島の「イニスフリーチェジュハウス」で限定コスメを爆買いしちゃいました

済州島の「イニスフリーチェジュハウス」で限定コスメを爆買いしちゃいました



肌の損傷をケアしてくれるシカコスメとの遭遇以来、自分でもびっくりするほどお気に入りになってしまったイニスフリー。植物由来の肌に優しいコスメとして知られるイニスフリーですが、使うハーブや緑茶は済州島で栽培されています。そんなことから、済州島にオープンした「イニスフリーチェジュハウス」。限定コスメがあるほかカフェが併設されていると聞いて、初めてソウルから済州島という国内線移動をしてみました。

写真たっぷりでレポしているので、お急ぎの方は目次から読んでくださいね。↓

 

済州空港から車で40分の場所にある「イニスフリーチェジュハウス」

済州島って高速道路がなく、一般道だけ。しかも速度制限が 70キロ(プラス10キロ迄はセーフティらしい)なので、そんなに遠くない場所への移動でも時間がかかりました。「イニスフリーチェジュハウス」がある場所は済州島の東部エリア。周囲はみかん畑や茶畑が広がる自然豊かな立地です。お茶の博物館があることから、修学旅行生も多くやってくるとあって、大型の観光バスが何十台も停まっていました。

 


「イニスフリーチェジュハウス」のカフェ内部

店内は自然光がたっぷりと入る設計で、かなり明るく気持ちのよい空間でした。インテリアも木目を貴重としていて、ブランドコンセプトともリンクしていますね~。

ガラスの壁の向こうには代表的なアイテム、グリーンティーシリーズの原料となる茶畑がみえます。ちなみに、どんなふうにエキスを精製しているかを模型を使って展示していました。

 

なにをいただこう♪ カフェでまずは一服

とりあえず、カフェで一休みすることに。ここではキャッシュオンデリバリーで、サンドイッチやサラダ等の軽食やスイーツ、かき氷などが食べられます。テイクアウトもできるので、時間がないときは買ってきて移動の車内で食べてもよさそう。

100%のフレッシュジュースやサイダー、ラテなどどれを頼むか悩ましい~。

カップケーキやスポンジケーキなどもあって、どれもおいしそう。この山の形のケーキはなんだか富士山ケーキのようですね(汗)。。済州島の世界自然遺産、漢拏山(ハルラサン)をモチーフにしたものだそうですが、人気商品だそうですよ。

ドリンク類の一番人気は「済州ハルラボンシャーベットジュース」。済州島名物の果物・ハルラボンを絞ったジュースで、蜂蜜を加えてシャリシャリのシャーベット状にした冷たい飲み物です。

いや、これがまた美味しかったの!! 暑い日にはもう最高です。オレンジの甘さと程よい酸味、喉越しのよいシャーベットのシェイクは至福です~。

使う食材を提供している生産者のプロフィールも展示。某スーパーの顔が見えるシリーズが思い浮かびました。

 

話題の石鹸作りは大盛況でした

この「イニスフリーチェジュハウス」の名物となっているのが、この石鹸づくり。この日も男女問わず大盛況。店内で石鹸の制作キットを購入して、制作スタート。

テーブルにセットされた液晶画面の説明に沿って制作していきます。およそ30分程度で完成だそうですが、飛行機の時間があるため断念、、

パッケージも自分でカスタマイズできるのもユニークでした。

 

コスメは定番のものから済州島限定までラインナップ

ここで買えるのはソウルでも手に入る定番アイテムも一通り揃っていました。

不思議なんだけど、定番アイテムもこうして済州島のショップまで来ると急に気になりだしてしまう(笑)。グリーンティーのスプレーミストをお買い上げしてしまいました。

済州島限定のアイテムには、緑のPOPが付いているのでわかりやすい。で、おもしろかったのがコレ。これはなにかというと、パックなんです。

クレイベースと

クリームベース、どちらかを選びます。1カップ3000ウォン、日本円で300円程度。お試しで買うには手頃です。

でどうするかというと、最初のエッセンスの小袋を選んでセットで購入して、使うときに混ぜて出来上がり。30gあるので、数回分の使用量ですがエッセンスを入れたあとは冷蔵庫で保管して1週間で使い切るようにします。

エッセンスの効果は、このボードで表示。ニオイで選ぶもよし、目指したい肌で選ぶもよし。この「イニスフリーチェジュハウス」の限定なので、韓国コスメ好きの友達にお土産にしても喜ばれそうです。

あと、思わず悲鳴をあげてしまったのがコレ!! なんとシードオイル。なにしろ私は一年を通して超砂漠肌で、最近ではオイルがないと不安になるくらいにオイルを偏愛しているんです。普段はアルビオンのオイルを使用していますが、それに比べても安い! しかも、大好きなビジャもあるじゃないか~! 同じくオイル好きの友達にもお土産に買い、オイルだけでも10本をお買い上げ。だって、次にいつこれるかわからないもの。

レジではパスポートを提示すると、TAXFREEでお買い物ができます。来る時は携帯してくださいね。

店内には、商品の啓蒙とブランディング目的の展示も多くて色々と興味深かったです。これは済州島の全体図を形どった模型で、オレンジやグリーンティ、火山灰など使用している材料の産地を示していました。

それぞれの植物から絞ったエキスの香りも嗅いでみることができるスペースなど。イニスフリーフリークが楽しめるのはもちろん、イニスフリーをこれから使ってみようかな、と思う人やイニスフリーを知らない人にも充分楽しめるようになっていました。

来たら絶対、アレもコレも買いたくなってしまいますよ~

 

この施設はここにあります

イニスフリーチェジュハウス

 

 icon-star-o この旅のポイントまとめ
・済洲空港から車で45分かかるけど、イニスフリーが好きな人は来る価値アリ 
・カフェの飲食物も美味しいので時間に少し余裕をもって来たほうがベター
・限定コスメから定番コスメまで揃うショップ
・パスポートを携帯していればTAXFREEで買い物できます
・日本語の表記はほとんどなし


編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で