【上海ディズニー】パーク内のフォトジェニックなスポット5つ

【上海ディズニー】パーク内のフォトジェニックなスポット5つ



旅行のお供に欠かせないカメラ。せっかく持ってきたなら、友達や家族、恋人との記念撮影はもちろんだけど絵になるスポットでキレイな写真を撮ってみませんか? 上海ディズニーリゾート内を歩いてみて、ここはと思ったパーク内のフォトジェニックなスポットをご紹介します。

 

フォトスポット1:定番のウォルト・ディズニー像

上海ディズニーリゾートにあるウォルト・ディズニー像。東京のディズニーシーと同じ像なんですが、トランクといい、ジャケットの引っ掛け方、帽子など寅さんに似ていると思いませんか?(笑
バックには中国式の回遊式庭園とエンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルがスッポリ収まって、記念撮影だけじゃなく様々な角度から撮影を楽しむことができます。日本よりもココで撮影をする人は少ないので、ゆっくり撮れる印象でした。色とりどりのルピナスもとてもキレイなんだけど、天候次第では黄砂がPM2.5によってシンデレラ城が霞んでしまう可能性もあるのが少々難点。

 


フォトスポット2:上海ディズニーに来たらコレ。ミッキーサークル

お掃除キャストさんが描く落ち葉のミッキー。この顔部分のサークルに入って記念撮影する光景に頻繁に遭遇しました。どこで落ち葉ミッキーに出会えるか、当日パーク内を歩いてのお楽しみです。

 

フォトスポット3:シンデレラ城の内部

エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルの中にある吹き抜けのスポットもオススメのフォトスポット。まるでプラネタリウムのように星座が見える夜空のドームと、重厚感あるシャンデリアが絶妙です。

 

フォトスポット4:レストラン「漫月軒」の鯉ランプ

中国式回遊式庭園のレストラン「漫月軒」には、空中を泳ぐように躍動感がある鯉のランプがあります。モチーフといい、オレンジ色の優しい光は昼夜問わず撮影したくなる可愛らしさです。

 

フォトスポット5:ディズニータウンほか、かわいい建物

ベンチに座って写生中のセットがあるのはディズニータウン。そこにミッキーが腰掛けて筆を動かしていそうです。パーク内の建物もだいぶ日本とは雰囲気が異なっていて、思わずシャッターを押したくなるスポットがいっぱい。どの角度から切り取ってみても絵になるので、腕に自信がなくても撮影を存分に楽しめるはず。

 

日本と違い、大気の状態によって冴え冴えとした青空が少ない上海。それでも花や建物などカラフルなものが多いので、上手にフレーミングすれば明るくてキレイな写真を手軽に撮ることができます。気になった場所、かわいいなと思ったモノはどんどんシャッターを切って楽しかった1日の思い出をいっぱい残しておきましょう。

 

 

編集者とか旅ライターとかやってます。御朱印と寺社旅メディア「ご朱印びと」運営中。ビールはアサヒスーパードライ派。お米は彩のかがやき派。アジアや日本をふらふら旅して、美味しいごはんをたらふく食べてます。お仕事のご依頼はコンタクトフォームからどうぞ。

【本書きました】『神様が宿る御神酒』(神宮館)、『神様とつながる暮らし方』(彩図社)、『御朱印と御朱印帳で旅する全国の神社・お寺』(マイナビ出版)は4刷目。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね

Twitter で