日本にないグッズを探しに、園内のショップとゲート外にあるディズニーストアを覗いてきました。チャイナドレスのミニーがかわいくてかわいくて。あれもこれもと結構散財しましたよ。一方で高いのにデザインが微妙なモノも多く…。不思議なオマケもいただきました。

上海ディズニーランドには清朝時代のミニーさんがいっぱい!

まずはゲート外にあるディズニーストアから。トランクいっぱいなのに買ってしまったのは、この清朝の衣装に身を包んだオリエンタルなミニーさん。

小さい女の子が着られるドレスもありました。

バービー人形のようなお姫様も。小さい女の子がいたら絶対欲しがるでしょうねえ。

このドレス姿のミニーさん、ピンバッチにもなっていました。値札に円記号「¥」が付いているので、かなり安く感じるんですが、これ全部「元」なので注意されたし。全体的に物価が安い上海ですが、ディズニーランドはやっぱりいい値段です。

七宝焼風のリボンが付いたネックレスなんかもありました。

色っぽいミニーさんのオブジェ。このシリーズにはデイジーもありました。

ディズニーストアのレジも要注目! 『ムーラン』のパネルがご当地っぽいですよね~。

園内で買おう、定番の「耳」も上海ディズニー仕様

学生時代から、園内に入るやいなや耳やら尻尾やら付けて遊ぶのが好きで。上海ディズニーでも何かないかな~と探したら。こんなものが見つかりました~

オリエンタルな刺繍が施された大きなリボンは、ミニーの人形とお揃いですね。

清朝の女性がつけていた髪飾りっぽい耳も(これ買いました)。

全体的にピンクが多い印象。

昔なつかしいスタイルの耳付き帽子だ! 上海ディズニーでは、この帽子をかぶった人が多かった。ディズニーランドの歴史って、ここから必ず始めるのかな。


その他のグッズはというと

あまりキャラクターごとにたくさんのグッズがある、というよりもミッキーとミニーが圧倒的に多くて。ドナルドラバーの私には少々寂しい。でもデザインがどうもねえ。。

デザイナーって現地ごとに替えてるんでしょうかね。日本にはあまりないセンスのモノが多かったです。

チケットホルダーを買いたくて、探し回ったんですけどネックストラップはあってもホルダーがなく。別々に買ってみましたが、あまりにパッとしないので日本から持っていったほうがよかったなあ~と…。

数量限定なのにまだ残っていたのがコレ。オープン記念のペプシコーラデザイン缶。ディズニー好きさんへのバラまき土産に5本買って帰りました。

それと不思議なことが…

これ、耳やミニーさんを買ったときに袋に入れられた小物たち。「不买!(買っていないよ)」と言ったんですけど「present!」と言われました。改めて帰国してから見ると

値札がついてる…。売れ残り商品をオマケにしているんでしょうかね。不思議。キャンディやクッキー、チョコレートといった日本でお土産に大量買いするお菓子は売り場もちょこっとだけで。所変われば品変わるを実感しました~。

 

記事が誰かのお役に立てますように。

この場所はここにあります

上海ディズニーランド

Huangzhao Rd, Chuan Sha Xin Zhen, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, 中華人民共和国