ABOUT

はじめまして、編集者・旅ライターの大浦春堂(  OhuraSyundo)と申します。

美味しいごはんを食べたり、ビールをたらふく飲みながら旅をして「Nikon D5500」と「RICOH GRⅡ」で撮影した旅行記をブログを書いたり、御朱印旅サイト「ご朱印びと」を運営しています。

 

略歴

埼玉県旧浦和市生まれ。数代前に女癖が悪い人物がいて、生まれた子供をお寺に預けまくったことからお坊さんの親戚が多い父方と、未だに戦前教育が染み込んだ母方の祖父母に口喧しく育てられました。

周囲に年寄り率が高めだったので視聴したテレビ番組といえば時代劇、お出かけは神社仏閣という相当偏った人間に仕上がりました。祖母と母が華道と書道、茶道の師範の免状をもっていたので家庭内で諸々うるさく仕込まれました。多感な年頃に世の中は弾けて楽しいバブル期。古臭くて時代錯誤な家が嫌で嫌で、早く独立することばかり考えていた子供時代でした。

 

学生時代

高校・大学ともに女子校に通いながらせっせとバイトに精を出して、好きなアーティストのライブに行ったり博物館巡りをしたり旅行に行ったり。音楽好きが高じて、都内の超有名なCDショップに週4で働きました。陳列棚のPOPのコメントによって、CDを手に取る人がいたり立ち止まってくれたりするのを見ることが好きで「書くこと」を仕事にしたいなあと具体的にイメージしたのもこの頃。

大学生活では、江戸文学がやりたかったのにも関わらず、第一希望のゼミに入れず源氏物語を専攻。ところが担当教授が骨折と親の介護で長期離脱したため、卒論を教授室で寝泊まりする合宿状態で考査に間に合うよう無理矢理書き上げることに。これが後の「ギリギリの納期だけどなんとかして」という無茶な依頼の耐性スキルとなりました。

 

新卒時代

就職は超氷河期だったにも関わらず、バイト時代のツテで音楽情報誌の編集職につくことができました。たくさんの邦楽アーティストの取材にも行きましたが、ガムだけ噛み続けてヒトコトも口を利いてくれない人もいたり色んな経験をさせてもらいました。

仕事柄、夜遅くの取材も多くて家に帰らないこともしばしば。たまさかの休みには親戚一同から「嫁入り前の娘が!」と怒られる日々。私は相変わらず長い長い反抗期状態で、一人暮らしをしようと物件探しをしても「娘は一人暮らしさせません」と勝手にキャンセルされるなど。たまたま折しも結婚前提に付き合って欲しいという人がいて「渡りに船」とばかりに24歳でそそくさと結婚してしまいました。

 

最初の結婚は大失敗

不純な動機で結婚した罰なのでしょうか、最初の夫はひどいDV男で数年で離婚。DVネタで本数冊書けるんじゃないか、という位に色々ありました。一つひとつが鮮明に記憶されてしまって、今でも思い出すと手足がすうっと冷たくなります。DV夫のせいで体を壊し、仕事もままならず休業していましたが、離婚後にWEB制作会社の女性向けメディアの構築や運用をするなど復帰。今の夫と出会うなど、20代の最後のほうは激動でした。

この時のことは『DRESS』の「女を磨く離婚道」に寄稿しているので、よろしければご一読ください。離婚は生き直すチャンスであり、マイナスではないですよ、と声を大にして言いたいです。

 

マーケティング会社で働き、独立へ

WEB制作の現場も面白いけれど、2006年前後はコンテンツはあくまで添え物的存在。かっこいい見栄えのするサイトをFlashやHTML5で作った人が評価される時代でした。見た目のいいサイトを作っても、中身はディレクターが片手間に流し込むだけ。「これでいいのかな?」と物書き上がりの私は自問自答の日々でした。

そこでコンテンツ重視のマーケティング会社へ転職。成果指標を定め、制作物の実績を数値で判断しながら次の課題を設定、制作をしていくスタイルがとてもおもしろくて毎日夢中で働きました。

でも、WEBの世界は日々進化していきます。新しい技術だけやなく、サービスも理解して先手を打っていかねばならない。ところが会社は新しい試みには消極的で、この先の自分のやりたいことと会社の方針が合致せず、独立する道を選びました。

 

いま

現在はBtoBやBtoCのコンテンツ企画・制作という、いわゆるコンテンツマーケティングの世界の片隅で生息しながら自身の文筆活動を並行して行っています。ブログも書籍の執筆もそのひとつ。家にほとんどいなくて、フラフラとアジアや国内を取材旅行したり閉じこもって物書きしたり。時間が圧倒的に足りないです。

 

blog「しとやかならいふろぐ」について

おしとやかな人柄ではまったくありませんが、大好きな女優・若尾文子さんの「しとやかな獣」と旅の記録=ライフログをガチャンコさせてつけました。漫画家・東村アキコ氏の「東京タラレバ娘」なんかも、元ネタは往年の名作「東京おにぎり娘」ではないかと思っています。余談ですけど。

 

好きなもの

歴史的建造物とか時代劇、古い日本映画とか。
アジアのなかでも中国の歴史が好きなので、華流ドラマや映画もよく観ます。冷たいビールがあればたいがいご機嫌です。

 

リンクについて

ブログへのリンクや個別記事にリンクを貼っていただけるととても喜びます。ただし、記事を引用する際は、かならず引用元の記事タイトルや当ブログサイトの名称を明記するなど著作権法に則ってください。

また、以下の行為は固く禁じます。

・記事を無断でまるごと転載する行為は厳禁です。転載を希望する場合は必ずご連絡・ご相談をお願いします
・画像に直でリンクを貼ること
・画像を写真素材として再利用すること
・記事の内容をコピーして、自分の意見のことのように転載すること

 

外部への寄稿実績

『ProjectDRESS』女を磨く離婚道#6
『ウートピ』京都に泊まるならホテルより宿坊 美しい禅寺でオトナな京旅を満喫して♡
『ウートピ』明治時代の資産家の屋敷に泊まる京都旅 奥ゆかしい庭と京おばんざいに癒されて
『カフェグローブ』年下夫、活かすも殺すも
『おとなの流儀』KKベストセラーズ 御朱印旅

ほか